Linux
Network
Bridge
nmcli

5行で出来るブリッジネットワークの作り方 in CentOS7.X

More than 3 years have passed since last update.

ブリッジ接続便利ですよね、かなり使ってます。

DockerとかKVMとか利用用途が広いので覚えておくと便利です。

この作り方ならNetworkManagerを止めなくてもOK


ブリッジネットワークの作り方


1行目

# nmcli connection add type bridge con-name br0 ifname br0 stp no

ブリッジ「br0」を作成します。作成の際にSTPは止めておきます。


2行目

# nmcli connection modify br0 ipv4.method manual ipv4.addresses "192.168.0.1/24" ipv4.gateway "192.168.0.254" ipv4.dns 8.8.8.8

今回のキモですipv4.addressesにはブリッジ先のIPを割り当て、ipv4.gatewayにはそのGatewayを、ipv4.dnsには言わずもがなDNSを割り当てます。


3行目

# nmcli connection add type bridge ifname eth0 master br0

このコマンドでeth0とbr0をブリッジ接続しています。


4行目

# nmcli con del eth0

不要になったeth0を削除します。


5行目

# systemctl restart network

ネットワークを再起動して完成です。

昔みたく/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-ethXを弄くったりしなくて良くて楽ちんですね!


まとめ(コピペ用)

nmcli connection add type bridge con-name br0 ifname br0 stp no

nmcli connection modify br0 ipv4.method manual ipv4.addresses "IPAddr/24" ipv4.gateway "Gateway" ipv4.dns 8.8.8.8
nmcli connection add type bridge ifname eth0 master br0
nmcli con del eth0
systemctl restart network