Help us understand the problem. What is going on with this article?

TDAbletonを使ったTouchDesignerとAbleton Liveの連携方法

More than 1 year has passed since last update.

結構ハマったので忘備録的に書いておきます。

用意するもの

  • Ableton Live 10 (無料体験版でも良いです)
  • TouchDesigner 099 2018.26450

初期設定

1. Ableton用ファイル一式の取得

Ableton LiveにTouchDesignerと連携するためのスクリプトとツールを設定します。
TouchDesignerのPaletteにあるTDAbletonを右クリックして『Browse Folder』を選択していけるフォルダの2階層上にあるTDAbletonフォルダにAbleton Liveに入れ込む『TouchDesginer』というフォルダ名のファイル一式があります。
普通にインストールしてればディレクトリは下記の感じだと思います。

  • Windows >> C:\Program Files\Derivative\TouchDesigner099\Samples\TDAbleton
  • MacOS >> /Applications/TouchDesigner099.app/Contents/Resources/tfs/Samples/TDAbleton (マウス操作だと『パッケージの内容を表示』で中に入る必要があります)

2. ファイルのコピーと読み込み

次にAbleton LiveにこのTouchDesignerフォルダ以下一式を読み込ませます。
TouchDesignerフォルダをコピーし、ペーストします。
通常であれば下記のディレクトリです。

  • Windows >> C:\ProgramData\Ableton\Live 10 Suite\Resources\MIDI Remote Scripts
  • MacOS >> /Applications/Ableton Live 10 Suite.app/Contents/App-Resources/MIDI Remote Scripts (マウス操作だと『パッケージの内容を表示』で中に入る必要があります)

3. TouchDesigner連携用Audio Effectファイルの読み込み

Ableton LiveのGUIからTouchDesigner連携用のAudio Effectファイル一式を利用可能にするため、さきほどのTouchDesignerフォルダをコレクション(Ableton Liveのサウンドとかインストゥルメントとか並んでるところ)に追加します。

  • 1. 『フォルダを追加』ボタンを押す
  • 2. ブラウザが開くので、先ほどAbleton Live用にコピーしたTouchDesignerフォルダを指定(macだと指定が難しいかもしれません。私は直接ディレクトリのアドレスを指定しました。)

スクリーンショット 2018-10-08 10.25.13.png

4. Midiの設定

最後にMIDIの設定を行います。
Ableton Liveの環境設定を開いてControl SurfaceにTouchDesignerを追加します。
スクリーンショット 2018-10-08 10.46.01.png

Abletonの使い方

上記の設定が済んでいればあとは普通にAbletonのプロジェクトを利用可能です。
基本的にはそれぞれのトラックにオーディオエフェクトとしてTDAほげほげを追加すると通信可能になります。
森岡が触ったやつを適当に書いておきます。

  • TDA_Master >> Masterにとりつける。ポート番号の設定とTouchDesignerとの接続ステータスが確認できる。Song IDが設定できる。
  • TDA_Level >> Levelを送ることができる。好きなところに取り付けられる。
  • TDA_MIDI >> MIDIトラックに取り付ける。MIDI信号を送ることができる。
  • TDA_Audio_Analyzer >> Ableton側でHigh、Mid、Lowを区切ってLevelを送れる。
  • TDA_Audio_Effect_Rack >> 通常のRackの代わりに利用することでMacroを送れるようになる。
  • TDA_Instrument_Rack >> 通常のRackの代わりに利用することでMacroを送れるようになる。
  • TDA_MIDI_Effect_Rack >> 通常のRackの代わりに利用することでMacroを送れるようになる。

TouchDesignerの使い方

TouchDesigner起動後、PalleteからTDAbletonを選択し、中のtdAbletonPackageをプロジェクトにドラッグ&ドロップします。
同一PCでの動作の場合、これだけでコネクションして値が取得できます。
tdAbletonPackageの中にはたくさんのCOMPが入ってるのですが、森岡が触って理解できたやつだけ書いておきます。
これだけでもかなりのことができるはず。基本すべてリアルタイムで更新されていきます。

  • abletonSong1 >> 接続しているAbleton Liveの曲(プロジェクトファイル)の情報を受け取ります。
  • abletonTrack1 >> Trackを選択することでTrackの情報を取得できます(Levelなども含まれます)。
  • abletonDeviceParameters1 >>Deviceを選択することでDeviceの情報を取得できます。
  • abletonMIDI1 >> TDA_MIDIの値を取得できます。
  • abletonLevel1 >> TDA_LevelおよびTDA_Audio_Analyzerの値を取得できます。
  • abletonRack1 >> TDA_Audio_Effect_Rack, TDA_Instrument_Rack, TDA_MIDI_Effect_Rackの値を取得できます。

Ableton LiveのPCとTouchDesignerのPCが異なる場合

Ableton Liveが起動しているPCとTouchDesignerが起動しているPCが異なる場合、ネットワークを組む必要があります。
公式ドキュメントには"tdAbletonのAbleton AddressにAbletonが立ち上がっているPCのIPアドレスを入力してください" と書いてありますが、それだけでは動きませんでした
森岡のほうでうまく行った手順は以下。

  • 1. TouchDesignerを起動させ、TDAbletonも起動(この時点では接続できてないのでエラー)
  • 2. Ableton Liveを利用したいPC上で起動
  • 3. Ableton Liveを起動したPCのIPアドレスをTDAbletonのAbleton Addressに設定(この時点でも接続エラー)
  • 4. TDAbletonの入ったプロジェクトを保存し、TouchDesignerごと終了する。
  • 5. TDAbletonの入ったプロジェクトを再起動する。

これでうまく動きました。ちなみにTDAbletonのバージョンは1.15.0でした(TDAbletonは頻繁に更新をしている+クラウドで管理しているようで、TouchDesignerとは異なるバージョン管理をおこなっているようです)。
恐らくバグなのでは・・・と思ってますが、どうなんでしょうか。とりあえず一回つながれば非常に安定動作するようです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした