search
LoginSignup
77
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

Organization

CentOS/Apache/Laravel使用時のpermission設定方法

はじめに

Permission denied

Laravelを使用していると、以下のエラーが吐かれる場面に遭遇することがあると思います。

PHP Fatal error: Uncaught exception 'UnexpectedValueException' with message 'The stream or file "/path/to/laravel_application/storage/logs/laravel-2018-xx-xx.log" could not be opened: failed to open stream: Permission denied'

あー、ログが書き込めてないのね。権限だね。はいはい。

加えて起こるミス

私は、ログの設定をdailyにして使用することが多いので...

  • 設定したその日は、書き込もうとしているファイルの権限まで直接変えてるから書き込める
  • その結果、直したように思い込んでしまう
  • 日付が変わった瞬間、新しく作成されたログファイルの権限が適切でなくて書き込めない

...のコンボをくらうことがよくあります。

「ファイルを作成したユーザーと、次に書き込みたいユーザーが異なる状態」という複雑な状況を作り出しているのが悪いんですけど(´・ω・`)

そんな私による、私のための、得する人が他にいるのか分からないような設定手順メモ。

設定方法

Laravel用にユーザーグループを作成する

# groupadd laravel

下の方でも書きますが、storagebootstrap/cacheの所有グループをこのlaravelグループにします。

権限を与えたいユーザーをグループに追加する

必要なユーザーを適宜追加します。

# gpasswd -a hogehoge laravel
# gpasswd -a apache laravel

プロジェクトのディレクトリに移動

# cd /path/to/laravel_application

とりあえず綺麗にする

ディレクトリは755に、ファイルは644に全て変更。
(必要ない環境であれば飛ばしてください)

# find ./ -type d -exec chmod 755 {} \;
# find ./ -type f -exec chmod 644 {} \;

storagebootstrap/cacheの所有グループを変更

laravelグループに属させます。

# chown -R :laravel ./storage

# chown -R :laravel ./bootstrap/cache

そして、既存のディレクトリ・ファイルに対して変更をかける

# find ./storage -type d -exec chmod 775 {} \;
# find ./storage -type f -exec chmod 664 {} \;

# find ./bootstrap/cache -type d -exec chmod 775 {} \;
# find ./bootstrap/cache -type f -exec chmod 664 {} \;

SGIDを設定する

これによって、誰がどう作成しようが、作成されたファイル・ディレクトリの所有グループはlaravelになります。

# find ./storage -type d -exec chmod g+s {} \;

# find ./bootstrap/cache -type d -exec chmod g+s {} \;

ACLのデフォルト設定

storagebootstrap/cacheの配下に新規ファイルやディレクトリが作られるとき、ディレクトリは775に、ファイルは664に自動的に設定してくれるように設定します。

# setfacl -R -d -m g::rwx ./storage

# setfacl -R -d -m g::rwx ./bootstrap/cache

再起動

# shutdown -r now

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
77
Help us understand the problem. What are the problem?