Help us understand the problem. What is going on with this article?

Sencha app watchについて

More than 5 years have passed since last update.

Sencha Advent Calendar 2013 の21日目の記事です。

前置き

前回の記事 でsencha touchのアプリケーションの更新を関しして、自動ビルド&ブラウザリフレッシュできたらなぁーと Yeomanを使ったテンプレートを作成、記事にしました。

が、その後sencha関連の記事で下記のようなものを見つけました。

Using the New App Watch Command in Sencha Cmd 4

まさか、公式にwatchがあるのに、車輪の再発明しちゃったかと焦ったので、そのsencha commandのwatch機能について少々まとめます。

コマンド

sencha app watch

監視対象

  • app フォルダ
  • sass フォルダ
  • resources フォルダ
  • touch/src フォルダ (Ext本体)
  • touch/sass フォルダ(Ext本体)
  • touch/resources フォルダ
  • その他theme等(app.js/package.json等に記述)

実行内容

  • 基本的にはsencha app buildと同じタスクが実行
  • 実行後すぐwatch状態に戻る
  • watchの詳細な実行内容は .sencha/app/watch-impl.xmlの中に記載(なかで build.xmlを読み込んでいる為、基本的に sencha app buildと同じ動きする)
  • もちろんbuild.xmlを書き換えれば、好きなようにカスタマイズ可能

generator-senchatouchとの違い

sencha commnadのwatchはビルドプロセスをするためのものらしいので、起動後はbuild配下に
sassやjsのコンパイル後のファイルが生成されます。

開発中はjsのコンパイルまでは不要なので、sassのみのコンパイルで良いかと思います。
jsはExt.Loaderが必要なソースを依存解決して取得してくれるので。

generator-senchatouchはsassコンパイルのみで
ブラウザがリロードするので、sencha commandより少々早いかと思います。

また、gruntの他のtaskとも組み合わせれられるので、ビルド時に画像圧縮等も含められるので、
generator-senchatouchの方がいいのではないかと思ってきました。

ということで、まだビルド部分が未完成なgenerator-senchatouchをもうチョット整理してつかって行こうと思います。

Tkashiro
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした