Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubとかのスクリーンショットでよくあるエモいターミナルを再現する

More than 1 year has passed since last update.

スクリーンショット 2018-06-27 13.09.56.png
GitHubとかでよくあるスクリーンショットに写ってるターミナル、めっちゃエモくないですか?
結論から出すと、こんな感じになりました。
スクリーンショット 2018-06-27 13.16.44.png
エモ〜い!!!
これ、ZeitのHyperってターミナルエミュレータを使ってるみたいです。
これ、Webの技術で作られてるみたいで、CSSでターミナルを装飾できます

これはbrewのCaskでインストールできるので、

brew cask install hyper

でインストールしちゃいましょう!

初回起動だとちょっと違う色をしているので、Command+,を押して設定ファイルを開きましょう。エディタが起動しますので、

backgroundColor: '#000000',

と書いてあるところを、

backgroundColor: '#2a2734',

と置換しちゃいましょう!やったね!一番上のスクショと同じ背景色になりました!

ただ、自分が使っているシェルはFishなので、bobthefishで使えるブランチ表示もしたいです。っていうかこの作業をしないと入力までバグるので・・・。

ということでPowerlineフォントが入ってる前提でさっきのファイルの

fontFamily:

から始まる行を(もとを消してしまった)

fontFamily: 'Roboto Mono for Powerline',

に書き換えた後、

updateChannel: 'stable',

になっているところを、

updateChannel: 'canary',

に変えてしまいましょう!canary channelなので多少バグが残ってるかもしれませんが・・・。

あと、なぜかspanのline-heightを変えないとうまくいかないので、

termCSS: '',

のところを

termCSS: 'span { line-height: 1.2em; }',

に変えておきましょう!

結果・・・

スクリーンショット 2018-06-27 13.29.07.png

エモ〜い!!!

一応設定ファイルをGistにまとめておきました。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away