Edited at

turnip_supportを使ってみよう

More than 1 year has passed since last update.


インストール方法

Gemfileのgroup :testに下記の行を追加する

gem "turnip_support", git: "https://github.com/ThuBM/turnip_support"

その後、下記のコマンドを実行して

bundle install


環境を初期化

cd [プロジェクトフォルダ]

bundle exec rake turnip_support init

上記のコマンドを実行して、下記のファイルは自動的に作成される

- .rspec

- spec/spec_helper.rb

- spec/turnip_helper.rb


テストパターン作成

3部分がないといけない。3部分は空の行で分離されないといけない



  • feature_data: 基本のテスト情報を含む。(1行目 ~ 3行目)


    • 1行目: 機能

    • 2行目: タスクリンク

    • 3行目: ステータス




  • initial_data: 初期化のデータを含む。 (6行目から )


    • カラム B : モデル名

    • カラム D : オブジェクト ID

    • カラム E から: オブジェクト属性の値



例:


  • procedures_data: テストアクションと期待結果を含む。


    • 手順は空の行で分離される


    • 各手順の構造:

    • テスト手順と期待結果は空の行で分流される

    • アクションの部分:


      • カラム A : 手順のID

      • カラム B : シナリオ名

      • カラム C : ブランチID

      • カラム D : アクション

      • カラム E から : アクションに該当のパラム



    • 期待結果の部分:


      • カラム C : ブランチID

      • カラム D : 期待メソッド

      • カラム E から : 期待メソッドに該当のパラム

      • カラム I : 結果 (OK, NG)

      • カラム J : エーラがイメージパス





例:

上記のイメージに書いてある手順は下記みたいの意味がある

Scenario List all users (result ok)

When visit to /users   
Then have content admin_test_name
And have content normal_name
When visit to /users/new
Then have selector input#user_name
And ...
...


Configuration ファイル

上記の2ファイルはspec/configsフォルダに置いてください。


featureファイルを自動的に作成

下記のコマンドを実行する

bundle exec rake turnip_support [feature_name] [yml_config_file]

スプレッドシートが編集されるたびに上記のコマンドの実行は必要があります。


テスト

rspec spec/features/[feature_name].feature


参考

https://github.com/ThuBM/turnip_support/wiki