準備

  1. Editorという名前のフォルダを作る
  2. 以下の画像のようにスクリプト作成

スクリーンショット 2018-01-13 19.28.45.png

ここではSampleTestと名付けました.

すると以下のようなスクリプトが生成されます.

SampleTest.cs
using UnityEngine;
using UnityEditor;
using UnityEngine.TestTools;
using NUnit.Framework;
using System.Collections;

public class SampleTest {

    [Test]
    public void SampleTestSimplePasses() {
        // Use the Assert class to test conditions.
    }

    // A UnityTest behaves like a coroutine in PlayMode
    // and allows you to yield null to skip a frame in EditMode
    [UnityTest]
    public IEnumerator SampleTestWithEnumeratorPasses() {
        // Use the Assert class to test conditions.
        // yield to skip a frame
        yield return null;
    }
}

クラスの中身は一度全部消してしまいましょう.
そして以下のように書きます.

using UnityEngine;
using UnityEditor;
using UnityEngine.TestTools;
using NUnit.Framework;
using System.Collections;

public class SampleTest {

    [Test]
    public void AnyTest(){
        int a = 5, b = 4;
        int ans = a * b;

        Assert.AreEqual (ans, 20);
    }
}

Unityエディタに戻り,
Window => Test Runnerを押す.
するとこんなWindowが出てくるはずです.

スクリーンショット 2018-01-13 19.36.23.png

左上のRun Allボタンを押すとテスト開始

スクリーンショット 2018-01-13 19.37.58.png
チェックマークがついたらテストが通ったことになります.

ポイント

using NUnit.Framework
必要です.

[Test]
テストアトリビュート.
このアトリビュートがついた関数がテストの対象になります.

Asset.AreEqual(val1, val2)
val1とval2が等しいときにテストを通す.

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.