Edited at

Windowsからmacへの移行

More than 3 years have passed since last update.


忘備録的な意味も込めて

※私へ、随時更新をお願いします!


Tools


ターミナルコマンド

ターミナルコマンドについて、今後はこっちに書いていきます

shell - よく使うシェルコマンドとか - Qiita

http://qiita.com/TanukiTam/items/8afe947ada73b86ccfe0


エディタ


ランチャー


  • Launchy[win] Alfred

    SpotlightでもいいけどMacPortsとかでインストールしたアプリを拾ってくれないので


アーカイバ(圧縮)


  • Keka - フリーのMac OS X用圧縮解凍ソフト http://www.kekaosx.com/ja/

    スチームパンクだんご虫。
    素晴らしい。これを求めてた。


    1. ドロップファイル個別圧縮

    2. ZIPパスワード付き圧縮

    3. 圧縮率指定




Grep


find

まるバク。上記サイトには他に役立つ事も書かれている。

# 更新日が最近の10日以内のファイルを見つける。場所はカレントディレクトリ「.」以下から。詳細に(-ls)

mac@term$ find . -mtime -10 -ls
# 更新日が最近の10日以上前のファイルを見つける(こう書くと古い方を見てしまう)
mac@term$ find . -mtime +10
# 更新日がちょうど○日のファイルを見つける
mac@term$ find . -mtime 10
# 更新日など詳細が見えなくてよいときは -print を指定するか、省略する。


Diff


  • WinMerge[win]

    Xcode の FileMerge が良いっぽい


  • DiffMerge[Mac]



Net Tools

$ vi ~/.ssh/config

Host *
ServerAliveInterval 300
TCPKeepAlive yes
Host jquery
HostName test.jquery.local
Port 2020
User oreore
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
IdentitiesOnly yes
Host wp
HostName wordpress.local
Port 2120
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
User oreore
IdentitiesOnly yes


Office

Windowsではmicrosoft OfficeですがMac版は買う気がしない。

iWorkで頑張ってみる。

OpenOffice系もあるけど、互換性を求めすぎて使いにくいんですよね。

Google系もありますね。


  • Pages [iWork]

  • Numbers [iWork]

  • Keynote [iWork]


  • LibreOffice [OpenOffice系]



Graphics

本格的なものは使わないけど、各種ツールを使っていた。

GIMPでいいや


  • GIMP

  • iPhoto


ろぐっぽいの

Mac mini のハードディスクを飛ばしたのです。

yosemite をクリーンインストールしたのです。

なんちゃってFusion Drive を Trim Enabler で使っていたので動かなかった。

その辺の話は別のお兄さんに解決してもらってください。


  • Xcode 入れた

メニューのToolsからかな?コマンドラインツール入れた

$ xcode-select --install
入ったことを確認


  • Homwbrew

旧MacOSからyosemite に移行する場合、先に brew update しないとハマるらしいのでご注意をw

※ 追加したアプリをAlfredに認識させる

linkapps でショートカットを更新した後、alfredのアプリ候補にヒットさせるためにサーチスコープにパスを追加する。


Alfred右肩のギアから設定ダイアログ表示 → BASIC - Default Results

Serch Scope: [+]

ファイル選択ダイアログで [Shift]+[Command]+[G]でパス入力

/usr/local/Cellar/

[Open]でCellar配下の xxxx.app が認識される


$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

$ brew doctor
$ brew update
$ brew install wget
$ brew install autoconf

brew をバージョンアップしてdoctorしたらエラーが出たのでRubyをバージョンアップした

ImageMagick周りでエラーの出てるファイルを削除してから(適当にインストールしたため)

root# brew doctor
Error: Failed to import: ruby20
wrong number of arguments (3 for 0..1)
Your system is ready to brew.
root# brew update;brew upgrade
root# brew install readline openssl
root# brew uninstall ruby-build
root# brew install --HEAD ruby-build
root# echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
root# source ~/.bash_profile
root# rbenv install -l
root#
root# RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=`brew --prefix readline` --with-openssl-dir=`brew --prefix openssl`" rbenv install 2.2.2
root# rbenv rehash
root# rbenv global 2.2.2


  • Terminal設定、および、色が激しく見難いので色変更


.profile作成

Macは .profile しか呼ばないのでバイパス必須

プロファイルサーチルールの関係かなぁ…
catの終了は ctrl + d な
$ cd ~
$ cat >.profile
if [ -f "$HOME/.bashrc" ]; then
. "$HOME/.bashrc"
fi


.bashrc作成

$ cat >.bashrc

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
. ~/.bash_aliases
fi
\if [ -f /etc/bash_completion ] && ! shopt -oq posix; then
. /etc/bash_completion
fi

export PATH=/usr/local:$PATH
export PATH=/usr/local/bin:$PATH

export CLICOLOR=1
export LSCOLORS=xbfxcxdxbxegedabagacad
alias ls='ls -G'
alias ll='ls -alF'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'



  • FDClone

設定は緊急避難的に入れたので微妙


.fd2rc作成

$ brew install fdclone

$ cat >.fd2rc
# configurations by customizer

# shell variables definition
TMPDIR=/var/folders/9b/jl28_wx919bdy22x4jkhwq5r0000gp/T/
LANGUAGE=utf8-mac
DEFKCODE=utf8-mac
INPUTKCODE=utf8-mac
PTYINKCODE=utf8-mac
PTYOUTKCODE=utf8-mac
FNAMEKCODE=utf8-mac
URLKCODE=utf8-mac
MESSAGELANG=JP
PAGER=lv
EDITOR=ng
SHELL=/bin/bash

# launcher definition
launch .webarchive "open %C"
launch .zip "unzip -lqq" -f " %s %y-%m-%d %t %*f"
launch .Z "zcat %C|lv"
launch .gz "gzip -cd %C|lv"
launch .bz2 "bzip2 -cd %C|lv"
launch .xz "xz -cd %C|lv"

# archiver definition
arch .zip "zip -r %C %TA" "unzip -q %C %TA"



  • Emacs24.4

brewさんにおすすめされたのでバージョン24.4にした。

※ Alfredに認識させる

linkapps でショートカットを更新した後、alfredのアプリ候補にヒットさせるためにサーチスコープにパスを追加する。


Alfred右肩のギアから設定ダイアログ表示 → BASIC - Default Results

Serch Scope: [+]

ファイル選択ダイアログで [Shift]+[Command]+[G]でパス入力

/usr/local/Cellar/

[Open]でCellar配下の xxxx.app が認識される

$ brew linkapps emacs とか


$ brew install --cocoa --d-bus --gnutls --librsvg --imagemagick --mailutils --glib --srgb --with-gnutls --japanese -v emacs

$ brew linkapps

$ # brew install --gnutls --librsvg --imagemagick --mailutils --glib -v emacs
$ # これじゃだめだった


  • ng

私家版Homebrew:Ng-utf8 - 冒険するコンピューティング

http://linux.matchy.net/archives/344


.ng作成

; ~/.ng

;
; for more detail, please read Ng.doc
;

; 'next-line' doesn't insert newline at the end of buffer.
(next-line-add-newlines nil)

; exchange C-h with DEL.
(bsmap-mode)

; don't make backup files.
(make-backup-files nil)

; blink matching parens
(global-set-key ")" 'blink-matching-paren-hack)
(global-set-key "}" 'blink-matching-paren-hack)
(global-set-key "]" 'blink-matching-paren-hack)

; regexp search by typing ESC C-s/C-r
(global-set-key "\^[\^s" 're-search-forward)
(global-set-key "\^[\^r" 're-search-backward)