Help us understand the problem. What is going on with this article?

【イベントレポート】サポーターズ1on1面談に参加してきた

More than 1 year has passed since last update.

e9518f04df0f30ccaca18db0195343e15c122d5d048f5.png

皆さんこんにちは!
現在21卒エンジニアとして絶賛就活中のくろちゃんです。

本日は先日京都で開催されたサポーターズイベント、 「エンジニア1on1面談イベント」 のイベントレポートを書いていこうと思います。

「エンジニアとして就活を始めたいけど、まず何から始めたらいいかわからない」、「少しでも就活を有利に進めたい」という方の一助になれれば幸いです。

サポーターズとは?

今回の1on1面談イベントを企画・開催して下さったサポーターズという会社を皆さんはご存知でしょうか?

サポーターズは、社名のとおり「学生と企業を支援(サポート)で繋げる」ことを主な事業内容として運営している会社です。

サポーターズHPにも載っていますが、サポーターズを就活エージェントに選ぶメリットは以下の3つになります。

  1. 交通費がもらえる
  2. 人気IT企業と繋がれる
  3. オリジナルイベントに参加できる

この中でも「交通費がもらえる」という点が地方の学生にとって大きなメリットになると感じており、サポーターズを使っています。

就活に使うお金が平均で16万円と言われている中で、自分の懐を痛めずして就活を有利に進められるという点では知っているかそうでないかで大きく差がつくなというのが大学1年生から使っている僕個人の実感です。

気になる人は、是非一度こちらからチェックしてみてください!

1on1面談イベントって?

サポーターズが開催するイベントの中でも特に人気かつ、大規模なイベントです。1日で10社を超える企業と1対1でお話しすることができます。

さらに、ただお話しするだけでなく、自分のPRプレゼンまでできちゃいます!

合同企業説明会のようなイベントでは、企業がブースを構え、学生が企業の話を聞きに行くというスタイルが多いと思います。

それに対し1on1面談イベントでは学生がブースを構え、気になる学生のところへ企業側が足を運んで話を聞きにくるという形になっています。

参加する学生も企業も厳選されたイベント

こんなに美味しいイベントならすぐにでも参加したい!と思うと思いますが、実は誰でも参加できるというイベントではありません。。。

参加する学生も、企業も参加前に厳しい選考があります。
今回参加していた学生も、全国各地から選抜された30名だけが参加できるというものでした。

ここで注目していただきたいのは、選考対象に企業も含まれるという点です。企業側も選考に通過した企業だけの参加になることでより厳選された企業と繋がれる仕組みになっています。

ちなみに今回参加した企業は下記になります。

  • アカツキ
  • エイチーム
  • コロプラ
  • サイボウズ
  • GA technologies
  • ファンミュニケーションズ
  • フューチャーアーキテクト
  • freee
  • ブレインパッド
  • VOYAGE GROUP
  • モバイルファクトリー
  • ミクシィ
  • 楽天
  • リクルート

当日のタイムスケジュール

時刻 内容
10:00~ ガイダンス / 企業プレゼン / 名刺交換会
12:00~ お昼休み
13:00 ~ 面談開始
19:15 ~ 懇親会

実費に関わらず、交通費がもらえる!

地方学生の僕にとっては本当にありがたい特典なのですが、サポーターズのイベントでは参加するだけでお金がもらえちゃいます!

1on1面談イベントにはたくさんの企業の出資が絡んでいるためか、普段のイベントよりも大幅に多くもらえちゃいました!

交通費の支給という名目になっていますが、実際にかかった金額に関わらず一定額がもらえちゃうのがすごいところです。

今回私は愛知県からの参加だったため、¥25,000ゲットできました!なお、今回のイベントでの支援金額を参考程度に載せておきます。

地域 支援金額
関西 1万5000円
北陸・東海 2万5000円
中国・四国・九州 4万5000円

今回は会場まで新幹線を使ってしまったので、25,000円(支援金) - 11,000円(往復交通費) = 14,000円の儲けでしたw

参加してみてどうだった?

まさか自分が1on1面談イベントに参加できるとは思っていなかったので、まず参加が決まった時点でものすごく嬉しい気持ちになりました。

地方学生である私にとって、交通費を頂いた上で1日で10社以上の企業と会えるイベントというのは大変貴重なものとなりました。

実際に参加してみた感想も踏まえつつ、参加することのメリット・デメリットをお伝えできればと思います。

IMG_4359.JPG

参加するメリット

  • 1日で10社以上と知り合えて、自分のアピールまでできちゃう!
  • 後述しますが、サマーインターン等の特別選考を御提示いただける企業さんもあります
  • 参加するだけでお金が稼げる!
  • 全国の優秀な学生の方々と会える
  • 企業からたくさんのノベルティがもらえる!(ステッカー、オリジナルお菓子、スマホVR、トートバック等)
  • タダメシが食べれちゃう!(Monsterも支給されました)
  • 企業から直接フィードバックがもらえる

IMG_4353.JPG

参加するデメリット

  • 1企業あたり25分が割り当てられており、緊張する中で長丁場戦い抜くのにはかなりのタフネスさを要求されます
  • 良い意味でも悪い意味でも選考を兼ねています。
  • そもそも参加できない可能性が・・・

今回のイベントでの収穫

学生も企業も、運営のサポーターズスタッフの方々も真剣で本当に良いイベントだったと思います。僕個人としても1日で大変多くの学び、収穫を得ることができました。

最後に、今回参加して得られた学びなどの収穫物を共有しておこうと思います。

IT企業に対する知見がより深まった

これまでに知っていた企業も、名前すら聞いたこともなかった企業も1対1でお話をする中でより深く知ることができました。

企業側も学生を選ぶように、学生側も色々な企業を知り、自分の価値観に合った企業を見定めていく必要があるなと改めて感じました。

サマーインターンの特別選考枠を得られた!

今年の夏はサマーインターンで1回りも2回りもエンジニアとして成長してやる!と考えていた僕にとって、各社の予定しているインターン情報を得られたことは大変有益なものとなりました。

それ以上に大きな収穫として、面談した企業の中にはインターンの特別選考枠を与えてくださる企業もありました。

本来であれば申し込みが殺到して埋もれてしまっていたかもしれないチャンスを得られたことは大変嬉しい収穫となりました。

企業からの率直なフィードバックが得られた

お話した企業からフィードバックをいただける機会というのは大変貴重なものです。

その企業とのマッチ度を改めて再確認できるだけでなく、自分の思い描いているキャリア像についてもアドバイスをいただくことができました。

下記画像はフィードバックの1例です。

フィードバックの1例

最後に

今回の素敵なイベントを開催・運営してくださったサポーターズの皆様と、参加企業の皆様には大変貴重な経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。

これからも就活を通して成長できるよう、僕自身勉強していきたいと思います。この記事を通してこれから就活を始めようとしている人、現在一緒に頑張っている就活生のお力に少しでもなれれば幸いです。

もしご意見・ご質問等ございましたら、こちらの質問欄にご投稿いただくか、@TakumaKurosawaまでご連絡ください。

それでは、次回の投稿でお会いしましょう〜!👋

TakumaKurosawa
CA21卒サーバサイドエンジニア / 世界で1番シュークリームが好き / 好きな技術:Golang, Typescript, Nuxt.js, AWS, Docker, Kubernetes /
https://twitter.com/TakumaKurosawa
techtrain
プロのエンジニアを目指すU30(30歳以下)の方に現役エンジニアにメンタリングもらえるコミュニティです。
https://techbowl.co.jp/techtrain/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした