Help us understand the problem. What is going on with this article?

ebコマンド一覧を備忘録として残す

More than 1 year has passed since last update.

コマンド一覧

aws cliとか必要なツールは諸々揃ってる前提で書きます。

beanstalk環境の初期化

eb init

・デプロイしたいディレクトリの一番上で行う
(railsの場合だとgemfaileとかが置いてる階層)
・まずこれをしてから他のebコマンドが使えるようになる

アプリケーションの作成

eb create

・アプリケーションが作成できる
・対話形式で設定を決めていく

環境一覧確認

eb list

・複数の環境を持っている場合は環境の一覧を見れる
・自分が現在見ている環境に*がつく

環境変更

eb use <環境名>

・eb listで出てくる環境一覧の中から環境を変更できる(見ている環境を変更できる)
・git checkout <ブランチ名> 的なやつ
・eb ブランチ 切り替え とか eb 環境 切り替えとかでググったやつ

現在環境確認

eb status

・今見ている環境を確認できる
・そのほかにもバージョンとか、CNAMEとか、ヘルスとか色々見れる

デプロイ

eb deploy

・現在見ている環境へデプロイできる
・現在見ている環境はeb statusで確認できる

ログ

eb logs

・AWS上のアプリケーションのログが見れる
・beanstalkを使ってデプロイしたアプリのヘルスが赤の時はログを確認すること
・RailsでAPサーバにpumaを使っている場合はpuma.logに有用な情報があるときが多い(主観)

番外編

S3にディレクトリごとアップロードする時

aws s3 cp UPしたいディレクトリ名 s3://バケット名/ --recursive

・カレントディレクトリはUPしたいディレクトリがあるところ
・recursiveをつけないとファイルしか無理なので注意

終わり

とりあえず使ったことあるコマンドはこれくらい
新しいのを覚えたら追記していきます。

これ便利だよってのがあったら教えてください!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away