Edited at
DevRelDay 11

DevRel が海外スタッフとやり取りする際によく見かける略語など

この記事は DevRel Advent Calendar 2018 の、11日目の記事です。

DevRel 担当者として海外の技術者とやり取りする際に、ひと目ではよくわからない、略語に出くわすことがあります。

ここでは、自分が「なんだこれ?」と思ったことがある略語や、メールで使うフレーズなどをランダムに書いてみます。


AFAIK

As far as I know,「自分が知っている範囲では」の略となります。

「As far as」は「…の限り」という意味で、他の単語と組み合わせることで別な言い回しになります。

例えば


  • As far as the law allows


    • 法律が許す限り



  • As far as the eye can reach


    • 目に見える限り(目が届く限り)



など。


IMO(IMHO)

In my opinionの略で「私の見解としては」という意味です。自分の意見を表す場合に使います。

IMHOだと In my humble opinion となり、「愚見ではありますが」など、よりへりくだった感じになります。


SSIA

Subject says it all、「件名(タイトル)が全てです」という意味です。

BTSなどにissueを登録する際、もしくはメールで不具合を報告する際など、内容をタイトルに書き、本文は「SSIA」だけで済ますケースがあります、


TBD

To be determined, 「後で決める」という意味の略です。

資料や仕様書が完全に完成していないが、後で決めても良い箇所の場合、「TBD」とだけ書いて、全体像を先に共有する場合に使われたりします。


LGTM

Looks good to me. 「大丈夫のようです」という意味の略語です。

コードレビューやクライアントへ回答文章のレビューなど、レビューの結果が良い場合に使います。


TIA

Thanks in advance, 「ありがとう!」という意味の略語です。

何かを頼むときに末文として使う場合があります。

ある意味、相手の了承を得ずに「やってくれるよね、ありがとう」という意味合いがあるので、親しい仲以外に使う場合は要注意。


Many Thanks

略語ではありませんが、日本人にはあまり馴染みがない表現ということでご紹介。

Many thanks は「大変感謝します」「多謝!」という意味になります。

最初に見たときはちょっと不思議な言葉に見えたのですが、メールの末文としてはよく使われるようです。

余談ですが、手紙の英例文では、末尾に「Best Regards」や「Sincerely」という言葉を見かけることがありますが、メールで書くとずいぶんかしこまった言い方で、かなり改まった場合でないと使われないようです。

(以前海外のスタッフ送ったメールを「Sincerely」で締めたところ、「ずいぶんかしこまってるね」的な返信があり、そういうものなのか、と思ったことがありました)

以上、メールや英語掲示板でよく見かける略語などについて書いてみました。

(※本文章は、自分が以前に会社ブログに投稿した内容のリライト版となります)