Edited at

2018の埼玉西武ライオンズ投手陣の貢献を、小松式ドネーションで検証してみる

この記事は、クローラー/Webスクレイピング&RPA Advent Calendar 2018 Advent Calendar 2018 の、13日目の記事です。「Baseball Play Study 2018 冬」 の、LT登壇の内容でもあります。


はじめに

2018年は、埼玉西武ライオンズが10年ぶりにパ・リーグを制しました!

しかし、野球ファンの間では「強力な打撃陣」の話が中心で、西武投手陣については厳し目の論調が目立ちました。

西武ライオンズの投手陣は、優勝にどれだけ貢献したのか、「小松式ドネーション」を使い、西武投手陣の奮闘ぶりを数値化。貢献度を検証してみたいと思います。


やること

2018年に登板した全投手データを取得し、投球内容を小松式ドネーションで数値化。

・チーム全体

・先発陣

・救援陣

の3つの尺度から評価する。


小松式ドネーションとは

投手の貢献度を数値化する方法。以下の算式で算出されます。1

(投球回数×3)+(勝利+ホールド+セーブ)×10=KD

KD×1000=ドネーション金額

元々は、オリックス・バファローズに所属する小松聖投手が行っていた、社会貢献活動から来ていますが、

先発・救援という役割を超えて、投手の総合的な貢献度を表す式である

と、某巨大掲示板で話題に。それ以来、投手陣の活躍を算出する式として、度々話題になっています2


2018年の投手データの参照元

「プロ野球データFreak」さんから、免責事項に基づき、全投手のデータページのスクレイピングをしました。

データ取得後、投手データを


  • 先発

  • 救援

と大きく2つに分け、それぞれ集計をしています。

先発・救援両方を担当した選手もいますが、一度でも先発をした投手はすべて「先発」として分類することにしました3


Node.js を利用して、データをスクレイピング

Node.jsを利用。今回は「cheerio」 を使いました。

cheerioは

Fast, flexible & lean implementation of core jQuery designed specifically for the server.

という説明の通り、jQueryのような書式でDOMの操作ができます。

以下の手順でスクレイピングを行いました。


  • request でページへアクセス

  • cheerio でデータをスクレイピングし、CSVに変換

  • fs でローカルに保存

実行コードです。

const request = require('request')

const cheerio = require('cheerio')
const fs = require('fs');

request('https://baseball-data.com/stats/pitcher-all/era-1.html', (e, response, body) => {

if (e) {
console.error(e)
}

const $ = cheerio.load(body)
let list = $('tbody').html()
list = list.replace(/<\/td>/g,',');
list = list.replace(/<("[^"]*"|'[^']*'|[^'">])*>/g,'');
fs.writeFile('list.txt',list, function (err) {
if (err) {
throw err;
}
});
});

上記を実行すると、投手データをcsvに加工したファイル「list.txt」が生成されます。このデータを元に、集計を行いました。

※コード関連の話はここで終了。以下、プロ野球の話がだらだら続きます。


結果

西武ライオンズ投手陣の数値を検証するまえに、いくつかデータをピックアップしてご紹介します4


2018年、もっとも貢献度が高かった投手

先発・救援問わず、両リーグで最もKD値が高かった選手ベスト5です。


セリーグ


  • 1 菅野智之(巨人)


    • 756,000



  • 2 大瀬良 大地(広島)


    • 696,000



  • 3 石山 泰稚(ヤクルト)


    • 669,600



  • 4 近藤 一樹(ヤクルト)


    • 668,600



  • 5 ガルシア(中日)


    • 634,600




パ・リーグ


  • 1 多和田 真三郎(西武)


    • 676,600



  • 2 増井 浩俊(オリックス)


    • 655,000



  • 3 則本 昂大(楽天)


    • 640,300



  • 4 森 唯斗(ソフトバンク)


    • 633,300



  • 5 菊池 雄星(西武)


    • 629,600



セリーグでまず目に入るのは、巨人の菅野投手。2018年の沢村賞受賞投手であり、最多勝・防御率・最多奪三振・ベストナインと、あらゆるタイトルを獲得した、まさに2018年を代表する投手です。

大瀬良投手は、菅野投手と最多勝を分け合い、広島の優勝に貢献しました。

3位、4位はヤクルトの救援投手、石山と近藤両投手です。ヤクルトは交流戦優勝・ペナントでもセリーグ2位と、2017年の最下位から大躍進しました。強力な救援の2枚看板が大いに貢献したと言えそうです。

パ・リーグでは、優勝した西武から多和田・菊池の両投手がランクイン。多和田投手は最多勝、菊池投手はベストナインを獲得しています。この二人は西武の優勝に大きく貢献したと言って良いでしょう。

ソフトバンクの森唯斗選手のランクインも光ります。サファテ・岩崎という、救援の二枚看板を欠くSB救援陣の中で、セーブ王を獲得する奮迅ぶりでした。

こうやってみると、まずまず納得がいく評価である、と言えると思います。


2018年、西武ライオンズ投手陣の貢献度

西武ライオンズ投手陣のKD値を検証してみます。パ・リーグ6球団の全投手のKD値を算出してみたところ、こうなりました。


投手総合


  • 1 日本ハム


    • 6,184,600



  • 2 オリックス


    • 6,184,600



  • 3 ソフトバンク


    • 6,024,800




  • 4 西武


    • 5,898,200



  • 5 ロッテ


    • 5,729,700



  • 6 楽天


    • 5,530,500




先発総合


  • 1 日本ハム


    • 3,592,600



  • 2 ソフトバンク


    • 3,556,200




  • 3 西武


    • 3,543,300



  • 4 ロッテ


    • 3,528,000



  • 5 楽天


    • 3,015,100



  • 6 オリックス


    • 3,007,000




救援総合


  • 1 オリックス


    • 3,080,900



  • 2 日本ハム


    • 2,592,000



  • 3 楽天


    • 2,515,400



  • 4 ソフトバンク


    • 2,468,600




  • 5 西武


    • 2,354,900



  • 6 ロッテ


    • 2,201,700



優勝した西武ライオンズですが、投手のKD値としてはパ・リーグ中4位。

多和田・菊池両投手が頑張った先発陣は3位とまずまずですが、救援陣は5位という、厳しい結果。


  • 西武は優勝したんだし

  • 勝ち星もそれなりに上げているし

  • 「KD値で見れば、西武投手陣もなかなかやるじゃん!」

…という結果を期待していましたが、割と印象通りの結果で、草も生えません。

やはり、涌井・岸・野上・牧田と、大黒柱達がFAでチームを離れていったのが悔やまれます。

2019年こそ日本シリーズ進出に向けて、頑張って欲しいものです。日本一を目指して、頑張れ埼玉西武ライオンズ。辻監督、2019年も期待しています!


こぼれ話

せっかくデータを集めてみたので、いくつかご紹介します。


セパ両リーグの先発陣


セリーグ先発陣


  • 1 菅野智之(巨人)


    • 756,000



  • 2 大瀬良 大地(広島)


    • 696,000



  • 3 ガルシア(中日)


    • 634,600



  • 4 メッセンジャー(阪神)


    • 629,600



  • 5 ブキャナン(ヤクルト)


    • 622,300




パ・リーグ先発陣


  • 1 多和田 真三郎(西武)


    • 676,600



  • 2 則本 昂大(楽天)


    • 640,300



  • 3 菊池 雄星(西武)


    • 629,600



  • 4 上沢 直之(日本ハム)


    • 605,300



  • 5 岸 孝之(楽天)


    • 587,000




セパ両リーグの救援陣


セリーグ救援陣


  • 1 石山 泰稚(ヤクルト)


    • 669,600



  • 2 近藤 一樹(ヤクルト)


    • 668,600



  • 3 中﨑 翔太(広島)


    • 618,300



  • 4 山﨑 康晃(DeNA)


    • 588,300



  • 5 パットン(DeNA)


    • 548,000




パ・リーグ救援陣


  • 1 増井 浩俊(オリックス)


    • 655,000



  • 2 森 唯斗(ソフトバンク)


    • 633,300



  • 3 加治屋 蓮(ソフトバンク)


    • 548,600



  • 4 宮西 尚生(日本ハム)


    • 545,000



  • 5 内 竜也(ロッテ)


    • 534,600



いかがだったでしょうか?各球団ファンの皆様から見て、妥当なKD値だったでしょうか。

(自分的には、各球団とも、割と妥当なランクインだな、と感じました)

2019年も、プロの皆様の熱いプレーに期待したいですね!

いまから開幕が楽しみです。





  1. 詳しくは、ニコニコ大百科の記事を参照ください。 



  2. 小松聖投手は新人王を受賞し、侍ジャパンの一員としてWBCでも活躍した名選手でした。ご参考まで。 



  3. (例:ソフトバンクホークスの石川投手は、先発・救援ともに投げているため、分類としては先発にしています) 



  4. この計算結果はあくまでネタ的なものであり、実際の選手成績や評価には一切関係がありません。あらかじめご理解・ご了承のほど、お願いいたします。