Edited at

DBのテーブル結合など


  1. テーブルをつなげて検索するにはJOIN(結合)を使用

  2. JOINには「INNER JOIN」「RIGHT JOIN」「LEFT JOIN」がある

  3. 検索では*は基本使わず、カラムを1つ1つ指定することで思わぬ情報漏えい防げる

  4. SQL文内でカラム名やテーブル名のうしろに「AS」をつけて適当な別名をつけることができる。別名はSQL内で使え、データを取得したときのキーにもなる

  5. 新たにカラムを追加する場合、既存のアプリケーションに修正が必要かどうかを調査する。調査は該当テーブル名でGrep(検索)して修正が必要か見極める


ウェブカツ!!