CentOS 6.5 で OpenLDAP(1)サーバー準備

More than 5 years have passed since last update.


サーバーとクライアントの準備

CentOS 6.5 インストール手順 - Qiita

CentOS 6.5 初期設定 - Qiita

上記2つを参考に、2つのCentOSマシンを作成する。

ホスト名やIPアドレスは、

ホスト名
IPアドレス
役割

ldap.example.com
192.168.0.10
LDAPサーバー

client.example.com
192.168.0.20
LDAPクライアント

とする。

また、LDAPサーバー、LDAPクライアントとは別に、同一ネットワーク内にてWindowsクライアントマシンがあるものとする。

WindowsクライアントマシンからLDAPサーバー、LDAPクライアントにSSHで接続して設定をしていくものとする。

LinuxユーザーをLDAPで管理する前提なので、SSH接続は当初はrootで行う。