CentOS 6.5 で OpenLDAP(4)クライアント環境設定

More than 5 years have passed since last update.


必要パッケージインストール

yum -y install authconfig openldap-clients nss-pam-ldapd


OpenLDAPクライアント設定

authconfig \

--enableldap \
--enableldapauth \
--ldapserver="ldap://192.168.0.10/" \
--ldapbasedn="dc=example,dc=com" \
--enablemkhomedir \
--update
chkconfig nslcd on


/etc/ssh/ldap.conf 確認


/etc/ssh/ldap.conf

uri ldap://192.168.0.10/

base dc=example,dc=com
host 192.168.0.10
ssl no


/etc/pam_ldap.conf 確認


/etc/pam_ldap.conf

uri ldap://192.168.0.10/

base dc=example,dc=com
host 192.168.0.10
ssl no


/etc/nslcd.conf 確認


/etc/nslcd.conf

uid nslcd

gid ldap
uri ldap://192.168.0.10/
base dc=example,dc=com
ssl no


/etc/openldap/ldap.conf 確認


/etc/openldap/ldap.conf

URI ldap://192.168.0.10/

BASE dc=example,dc=com

オプション名
説明

--enableldap
LDAPを有効にする

--enableldapauth
LDAP認証を有効にする

--ldapserver
LDAPサーバーを指定する

--ldapbasedn
LDAP検索のベースを指定する

--enablemkhomedir
ホームディレクトリを自動的に作成する


クライアント確認

id takahiko.takeda


uid=1001(takahiko.takeda) gid=1000(system) 所属グループ=1000(system)



SSH確認

ユーザーID
パスワード

takahiko.takeda
5k9eC2H5

shinya.yokoyama
QaEiE46y

osamu.inoue
6ofgjZDu

naoki.ishikawa
QBe6pGUV

kazuo.tamura
4PM8nGuX

上記、それぞれSSHにてログイン出来るか確認する