UE4
UnrealEngine
UnrealEngine4

UnrealRemote2を使って、モバイルアプリの簡易デバッグを行う

この記事はUE4.20のものです

VirtualCameraを導入するときに使ったUnrealRemote2ですが、これを使えば

実機にデプロイせずとも、モバイル向けアプリケーションの操作感を確認することができます


注意


  • ARKitが利用可能なiOS機器を準備してください

  • 利用可能なUE4のバージョンはUE4.20以降です

  • Androidは対象外です


できること


  • モバイル画面で表示したときのレイアウトの確認

  • モバイル画面で操作感の確認


できないこと


  • レンダリング周りの確認

  • 負荷の確認

  • サウンドの確認

  • GPS等のデータ連携の確認

など


導入

導入手順は非常に簡単です


iOS機器の準備

まずはUnrealRemote2をiOS機器にインストールしておきましょう

https://itunes.apple.com/jp/app/unreal-remote-2/id1374517532?mt=8


RemoteSessionプラグインの導入

対象のプロジェクトに、RemoteSessionプラグインを導入しておきます

image.png


(オプション) Touch Interfaceの表示設定

Touch Interfaceが必要な場合は、ProjectSettings > Engine > InputのAlways Show touch InterfaceをONにしておきましょう


実行