UE4
UnrealEngine
UnrealEngine4

VirtualCameraを導入しよう

この記事はUE4.20時点のものです

ついに来ましたUE4.20!

UE4.20と同時に、新しいサンプルが4つ公開されました

そのうちの1つ、VirtualCameraについての解説と、それを自分のプロジェクトに導入する手順を解説します


注意

この記事ではARKitが動作するiPhoneまたはiPadが必要です

https://www.apple.com/jp/ios/augmented-reality/

あとは、プロジェクトを実行するPCとiOS端末は同一ネットワークに所属している必要があります


VirtualCameraサンプルを動かそう!

まずはダウンロードしましょう

もちろんUE4.20もダウンロードしてくださいね?

image.png

あとは、iOS端末を準備しておいてください。

UnrealRemote2というアプリのインストールが必要です。

https://itunes.apple.com/jp/app/unreal-remote-2/id1374517532?mt=8

image.png


設定確認

Project SettingsのEngine-Inputセクションで、Always Show Touch InterfaceをONにしておきましょう

(サンプルではONになっていない場合があります)

image.png

うまく動作させるには、New Editor Windowモードで起動させる必要があります

image.png

起動させたら、ログにListening Portが表示されるので、FirewallのInbound(受信)ポートを開けておきましょう

(大体は2049でOKです)

image.png

そして、iOS側でUnrealRemote2を起動し、プロジェクトを動作させているPCのIPアドレスを入力、Connectします。

(NO SIGNALの画面が出れば成功です)

IMG_2379.PNG


プレビュー

ちょっと画像が荒いですが、PCとiOS端末が同期していれば成功です

IMG_0018_Moment.jpg


VirtualCameraの機能について

この記事では割愛します

FOV、手ぶれ補正、場所の記録、シーケンサーへの録画、AFなど、いろんな機能があるので、ぜひ触って確かめてみてください


自分のプロジェクトに導入しよう

これはぜひ自分のプロジェクトに入れてみたいですよね?

なのでここからは導入してみた記事を掲載します


Plugin設定

PluginsからVirtualCameraRemote Sessionの2つのプラグインをONにしましょう

image.png

image.png


Gamemode設定

World Settingsで、GameModeをVirtualCameraGameModeにオーバーライドしましょう

image.png


その他設定

いずれかのPawnにAuto Possessの設定が入っている場合は外しておきましょう

image.png

あとはInput設定から、VirtualCameraJoySticksの設定を忘れずに。

見つからない場合は、右下のView OptionsでShow Engine ContentsShow Plugin Contentsにチェックを入れると出てきますよ

image.png


あとは実行するだけ

ね?簡単でしょう?