Help us understand the problem. What is going on with this article?

CoreOS関連メモ

Download先

https://coreos.com/os/docs/latest/booting-with-iso.html

SSHログオン用のパスワード設定
rebootした時はもう一度

$sudo passwd core

cloud-configファイルに記載するためにパスワードを手元で生成。
Make Password
$ sudo openssl passwd -1
※設定しようとするパスワードを入力。暗号化済みのものが表示される。これをcloud-config.ymlに記載。

Config file
node01-cloud-config.yml


#cloud-config

# ホスト名
hostname: node01

coreos:
units:
# 静的ネットワーク設定
- name: static.network
runtime: no
content: |
[Match]
Name=ens192 # インタフェース名
[Network]
Address=xxx.xxx.xxx.xxx/xx # IPアドレス/サブネットマスク
Gateway=xxx.xxx.xxx.xxx # デフォルトゲートウェイ
DNS=xxx.xxx.xxx.xxx # 1つめのDNS
DNS=xxx.xxx.xxx.xxx # 2つめのDNS


- name: timezone.service
command: start
content: |
[Unit]
Description=timezone
[Service]
Type=oneshot
RemainAfterExit=yes
ExecStart=/usr/bin/ln -sf ../usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

users: # ユーザ名を指定(ログインユーザ)
- name: core
passwd: $1$7JJbYswv$lw0lVUsj2aDnr7h2DiIH.1 "$ sudo openssl passwd -1" の結果を貼り付ける。
ssh-authorized-keys:
- "ssh-rsa A..."
groups:
- sudo
- docker

「ssh-authorized-keys:
- "ssh-rsa A」を付け加えることでPassword認証なしでログオン可能に。

$ sudo coreos-install -d /dev/sda -C stable -c node01-cloud-config.yml

$ sudo shutdown -r now
※CDROMマウントを解除することを忘れずに
※DISKを再利用する場合は、fdiskでパーティションを解除したからがオススメ

TSA2019
このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、必ずしも私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away