git clone 時に SSL証明書エラー が出た時の対処方 ~SSL certificate problem: Invalid certificate chain~

Git リモーtpリポジトリを独自サーバで作成していたものを、
GitHubに移行しようとした際に、SSL証明書のエラーが出てしまい、移行できなくなってしまっていたので、同様の状況が起きた時に、慌てないために備忘録を残して起きます。

具体的な方法は、下記になりますが、先に結論を言うと

SSL認証をfalseにすることで回避できる

結果だけを見るとすごい単純なことですが、知らずにエラーが発生すると、地味に調査に時間が掛かった。。。( ;∀;)

Git の SSL証明書エラーが出た時の回避方法

具体的な方法としては、

$ git config --global http.sslVerify false

とコマンドを実行する

もしくは、 .gitconfig に、

[http]
   sslVerify = false

を追加を行うことで、SSL証明をoffにできるようになる。

※ コマンドで実行しても、.gitconfig に sslVerify = false が追加されるのでどちらでも同じ結果となります。