Help us understand the problem. What is going on with this article?

WebhookでIFTTTをトリガーにMicrosoft Flowを動かす

More than 1 year has passed since last update.

この投稿はTAKA-SHU ひとり Advent Calendar 2018 15日目です。

ノンコーディングで様々なWebサービスやアプリケーションを連携できるサービスが広がってきています。
今回はその代表的なサービスであるIFTTTMicrosoft FlowWebhookを使って連携したいと思います。

IFTTT とは

if this then that」の略。
「if this(もしこれだったら)」「then that(そのときあれする)」というシンプルなルールを作成して別々のWebサービスを連携できる無料のサービス。
GoogleやInstagram、Amazon Alexaなど、一般消費者向けサービスのコネクタが充実している。
「1トリガー1アクション」が特徴で、単純でわかりやすい一方、条件分岐やループなどの処理は実行できない。

IFTTT:
https://ifttt.com/

Microsoft Flow とは

Microsoft社が提供するタスク自動化ツール。
ノンコーディングで、繰り返し行う作業を自動的に実行できる。サーバーも不要。
Office 365のサブスクリプションに含まれているほか、Microsoftアカウントを作成すれば個人でも無料で利用できる。
IFTTTと異なり、1つのトリガーに複数のアクションを構成でき、複雑な処理も可能。
ExchangeやSharePoint,OneDrive,Microsoft TeamsなどのMicrosoft系はもちろん、ビジネス向けサービスのコネクタが充実しているのも特徴。

Microsoft Flow:
https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/

Webhook とは

アプリケーションの更新情報を他のアプリケーションへリアルタイム提供する仕組みや概念のこと。

イベント(リポジトリにプッシュなど)発生時、指定したURLにPOSTリクエストする仕組みのこと。

参考:Webhookとは? - Qiita https://qiita.com/soarflat/items/ed970f6dc59b2ab76169

なぜIFTTTとMicrosoft Flowを連携するのか

  • どちらか一方しかコネクタが無いサービスがある
  • IFTTTでは1トリガー1アクションの制限がある
  • IFTTT/Microsoft Flowで用意されているコネクタを利用することで、ロジック作成に注力できる
  • コードかきたくない

作成

今回は連携部分のみに集中するため、
「IFTTTのボタンが押されたら」→「Microsoft Flowで通知する」という単純な処理を構成します。

Microsoft Flowでフローを作成する

先にフローを作成します。

Microsoft Flowにアクセスし、[マイフロー]-[新規]-[一から作成]

1.png

[一から作成]

2.png

フローのタイトルを任意で入力。
「要求」と検索して、[HTTP要求の受信時]を選択。

3.png

[サンプルのペイロードを使用してスキーマを生成する]

4.png

以下を入力して[完了]

{
    "Message":"xxx"
}

5.PNG

[新しいステップ]

6.png

「Notifications」と検索して、[Send me a mobile notification]を選択

7.png

[Text]に[Message]を入力

8.png

[保存]

9.png

[HTTP要求の受信時]に[HTTP POSTのURL]が生成されているので値を控えておく

10.png

IFTTTのAppletの作成

IFTTTにアクセスして[New Applet]

11.png

[+this]

12.png

「Button」と検索して、[Button widget]を選択

13.PNG

[Button press]

14.PNG

[+that]

15.png

[Webhooks]

16.PNG

[Make a web request]

17.PNG

[URL]:Microsoft Flowで生成された[HTTP POSTのURL]
[Method]:POST
[Content Type]:application/json
[Body]:

{"Message":"IFTTTのボタンが押されたよ"}

18.png

[Create action]をクリックして完成。

実行

スマートフォンのウィジェットにIFTTTを追加して、ボタンをタップ

19.jpg

Microsoft Flowに通知が届きます!

20.jpg

Microsoft Flowの実行履歴にも残ってます。

21.PNG

最後に

今回はjsonで渡すデータも埋め込みで作りましたが、トリガーからの情報を受け渡すこともできます。
また、反対にMicrosoft FlowをトリガーにIFTTTを動かすこともできるはずなので、別の機会に試したいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away