Help us understand the problem. What is going on with this article?

【初心者】VIVE Cosmosの始め方,初回設定

VIVE Cosmosを初めて設定する方法を紹介します
VIVE Cosmosは旧世代のVIVE proとは少し設定方法が異なる

詳しく言うとVIVE Proまでの機種ではSteamVRがメインとなって稼働していたが、
VIVE CosmosはVIVE ConsoleとVIVEPortがメインで稼働することとなる
(SteamVRも利用する)

そのためVIVE Proを利用している方もVIVE Cosmosを始めるには新たに設定を行わなければならない
どちらの設定も難しくはないが,ベースステーションの設定などが不要なため,VIVE Cosmosの設定の方が楽だと思う

機器概要

  • Desktop PC
  • VIVE Cosmos本体(HMD)
  • コントローラ左右及び単三電池4本
  • リンクボックス,USB3.0ケーブル,Mini_Displayport-Displayportケーブル,ACアダプター

設定手順

1. VIVE CosmosとDesktopPCを接続する

接続の説明はsetup時に行われているがケーブルの端子,規格がPCと合っているかどうかを確認しておくとよい
※VIVE Cosmosの映像出力ケーブルはMini_Displayport-DisplayportケーブルなのでHDMI接続したい場合などはDisplayport-HDMI変換器等が必要となることを注意する

2. setupファイルのDL

公式サイトの「VIVE Cosmos を初めて設定する」よりVIVEsetup.exeをDLする

3. ソフトウェアのインストール

VIVEsetup.exeを開き,手順通り進めVIVEソフトウェアとVIVEPORTをインストールする
image.png
はじめる
image.png
インストールする
※インストール先は基本デフォルト[C:\Program Files(x86)]で良い

VIVEPORTアカウントを新規作成してサインインする
私はSteamを利用することとなる可能性が高いのでもともと所持していたSteamアカウントを利用してサインインした

image.png
setupファイルをDLする
image.png
次へ
image.png
デフォルトのままインストール
image.png

4. ハードウェアの設定

手順通り進める
image.png
image.png
image.png
接続済みのはずなのでスルー
まだなら接続する
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png

5. ルームセットアップを行う

image.png
ここからはHMDを頭に装着して操作する
画面の指示に従ってルームセットアップを完了させる

以上でsetupは完了です
その後HMD内でORIZINが始まり,簡単な操作や画面の説明が始まるので,チュートリアルを行う
チュートリアル後はORIZINを探索してみたり,VIVEPortやSteamVRHomeから好きなゲームで遊んだりしてください

Cosmosに関する日本語の記事はまだまだ少ないので少しでも参考になると幸いです

参考記事

T170521
大学生.UnityでXRをやっています.VIVE Cosmos,HoloLens2とか触ってます.
https://xrmdlab.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした