Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Salesforce】DataLoaderの使用方法【登録・削除・更新】

More than 1 year has passed since last update.

SalesforceをCSV形式でデータの登録から削除まで行えるツール
「DataLoader」の紹介です。

DataLoaderのインストール

設定クリック.png
設定データローダ.png
1. Salesforceの設定をクリックをします。
2. 左上のクイック検索に「データローダ」と入力します。
3. データローダをクリックします

ダウンロードリンク.png
使用しているOSのダウンロードリンクをクリックします。
ZIPファイルがダウンロードされますので、展開します。

これでインストールの完了です。

インストールする前に

DataLoaderは、Javaを使用しますのでお使いのPCにJavaが入っていない場合こちら↓を参考にJavaをダウンロードしてください。

初心者のためのJavaのダウンロードとインストール方法(失敗の対応も解説)

使用方法(ログイン編)

アイコン.png
DataLoaderのアイコンをクリックします。

アップデートクリック.png
使いたい機能のボタンをクリックします。
・Insert→登録
・Update→更新
・Upsert→登録、更新
・Delete→削除
・Hard Delete→削除(復元不可)
・Export→出力
・Export All→全出力

今回は更新手順を紹介します。
(Export、Export All以外は同じ手順になります)

ログイン遷移.png
1. OAuthを選択します。
2. Productionを選択し、Log inをクリックします。

ログイン.png
このようなダイアログが表示されますので、ユーザ名とパスワードを入力し、ログインをクリックします。

アクセス許可.png
許可をクリックします

ログインネクスト.png
Nextボタンが活性化されるのでクリックします。
これでログイン完了です🎉

使用方法(Update編)

オブジェクト選択.png
1. データ操作を行うオブジェクト(テーブル)を選択します。
2. Choose CSV fileで用意したCSVファイルの選択をします。
3. Nextボタンを押します。
4. 確認ダイアログが表示されますので、OKを押します。

クリエイトマッピング.png
データ操作を行うレコードを選択します。
Create or Edit a Mapボタンを押します。

マッピングクリック.png
このような画面が出てきますので、Auto-Match Field to Columnsボタンを押します。

マッピングOK.png
下部分の表のNameに値が入力されていることを確認し、OKボタンを押します。

マッピングネクスト.png
先ほどマッピングした項目で反映されていることを確認し、Nextボタンを押します。

完了クリック.png
ログ出力先を選択し、Finishボタンを押すと完了です。
Finishボタン押下後に、操作を行なっても問題ないかという確認アラートが表示されますが、OKボタンを押せば問題ないです!

最後にSalesforce側を確認し、データが更新されていることを確認しましょう。


顧客データとか手動で入力するのはかなり時間を要しますので、重宝しています。
これからSalesforceを導入、移行を考えている会社さんもCSVさえ用意できれば、簡単にデータの移行が完了します!!

SyogoSuganoya
Java、PHP、JavaScriptを主に使用しています。 最近はPythonを使用した機械学習をメインで扱っています! バスケが趣味の24歳です🏀
https://ssuganoya.com/portfolio/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away