Help us understand the problem. What is going on with this article?

Railsのrakeってなんぞ?

概要

TechTrainでメンターをやってる大木です。

そもそもRailsをいじったことがないに等しい状態(過去に少しだけ触った)であったので、改めていじってみてわからなかったところをまとめてみた。
この記事はrakeについてまとめる。すでにこの記事を書いた時点で、rakeはお勧めできなくなっているので、Rails5以降を使っている人は使わないように。

rake とは?

公式ドキュメント様より

Rakeとは Rubyで記述されたビルドツールです。

そうかそうか・・・

何に使われている?

設定ファイルに記述されている作業を上から順に実行してくれる。これを使って様々な処理を実行したりしていた。

Rakeの特徴

  1. Rubyで記述ができる
  2. 言語内DSLを採用
  3. Rakefileというファイルに一連の処理を定義する (この処理のまとまりを「タスク」と呼ぶ)

DSL(Domain-Specific Language)とは?

→ 特定の領域で特化して設計された言語
(例)Rake, RSpec, SQLなど。

だがしかし統一だ。

Rails5からrakeタスクがrailsコマンドに統一された。
ということで、railsコマンド一本で行けるということですかね、奥さん。
(Rails5以降を使っているところは今は使われていないそう)

いやちょっと待ってくれ。
ついていけねーってばよ。
Rails5についてはAPIモードでプロジェクトを始められることくらいしか知らんぞ。

Ruby on Rails 5.0 リリースノート を読む

わからないことはまず公式様に確認に行く。それによると。

Rails 5.0の注目ポイント

  • Action Cable
  • Rails API
  • Active Record属性API
  • テストランナー
  • Rakeコマンドをrailsコマンドに統一
  • Sprockets 3
  • Turbolinks 5
  • Ruby 2.2.2以上が必須

以上のあたりが主な変更点である模様。
この辺りの詳しいことはまた別の機会にでも書きます。

余談:Rails4までの記事を見てるかも

古いRailsの記事でbatchを作成する記事+タスク+Rakeというワードが存在するのであれば、Rakeを使うものなので、Rails5からはちょっと違うやり方になる。別の記事を探すと良いかもしれない。

そもそもバージョンによって色々変わるの!?ってびっくりしている方へ。

変わります。
iPhoneで使っているアプリのバージョンと同じように。
機能がいきなり現れたり、機能が無くなったりするのと同じ。
自分が使っているものについては、公式が出している説明書(公式ドキュメント)を読みに行くのがお勧め。
個人のブログ記事は、あくまで参考程度に使うこと。

SuguruOoki
現在は、TechBowlで主にフロントエンドを描いてる人。 以前は、バックエンドの開発と、データ分析をやっていた。
https://www.wantedly.com/users/17885157
techtrain
プロのエンジニアを目指すU30(30歳以下)の方に現役エンジニアにメンタリングもらえるコミュニティです。
https://techbowl.co.jp/techtrain/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした