mbed

【mbed】mbedの使い方(開封からユーザー登録まで)

More than 3 years have passed since last update.


1. 箱を開ける

外見はこんな感じ!

01.png

まずは、箱を開けましょう!

02.png

「おいっしょ!」

開けると、こんな感じになっていると思います。

03.png


2. 中身を確認

中身は、mbed基盤USBケーブルクイックリファレンスカード2枚説明書ステッカー

※クリックリファレンスカードはものすごく便利です。

04.png


3. パソコンと接続

パソコンはWindowsでもMacでもLinuxでも構いません。今回はMacで説明いたします。


mbed基盤にUSBケーブルを繋げて、もう片方をMacに繋げます。

05.png

Macに繋げると、mbed基盤の真ん中にある青いLEDが光だすと思います。

06.png

そして、デスクトップ上にMBEDドライブが表示されます。

07.png

※Windowsの場合は、MBEDを認識するまでに時間がかかる場合があります。

MBEDドライブをダブルクリックで開くと、MBED.HTMというファイルが入っていると思います。

08.png

このファイルは、mbedのシリアル番号とmbedのwebページのリンク情報が入っています。


4. 新規登録をする

MBED.HTMをダブルクリックして、ログインページに飛んでもいいのですが、うまくいかな場合があるので下記リンク先よりログインページに飛んでください。

ログインページ

ログインページに飛んだら「Signup」ボタンをクリックしてください。

09.png

新規登録ページに飛んだら、登録に必要な情報を入力して「Signup」ボタンをクリックして新規登録しましょう。

11.png

以下のような画面に飛んだら新規登録に成功です。

12.png


おわりに

ここまででユーザー登録ができましたね。

次回の記事からは、実際にプログラムを書いてmbedの使い方に慣れていきましょう。