Edited at

[Ruby][初心者向け]EclipseでRuby開発環境を構築する on Windows

More than 1 year has passed since last update.


00.前置き

今後、仕事でRubyを使う機会があるため開発環境を構築しよう!

と思ったのがきっかけ。

そして書くならコード補完してくれるIDEで書きたい。

ググった結果、なんとEclipseでRuby開発ができるというじゃないですか。

他にもVimだのなんだのあるらしいけど、元々JAVAばかり書いていた自分にとって馴染みのあるEclipseで一旦やってみよう、という結論。

ということで、自分もRubyに関してはわからないことだらけなので、

詳細は書かない(書けない)けど

とりあえず構築して書いてみるか!って人には参考になるかと。


01.前提

・Eclipseは導入済み

・Windows


02.環境

・Eclipse(photon)

・Win10

・64bit


03.EclipseにてRuby開発キットのインストール


1.[ヘルプ]-[Eclipse マーケットプレース]

001.png


2.[検索]で、「ruby」を検索してインストール(画像は既にインストール済み)

002.png


04.Rudy(ライブラリとかインタプリタ)をダウンロード


1.ダウンロード

https://rubyinstaller.org/downloads/

「Ruby+Devkit 2.4.4-2 (x64) 」が推奨されている(2018/09/04時点)

003.png

image.png


2.インストーラ実行

ダウンロードしたexeを実行してインストーラーを起動

各設定はデフォルトのまま

005.png

↓標準ではCドライブ直下に置かれる(自分はこの画像キャプチャ後、Eドライブに変更している)

installfolder.png

006.png

↓この画面になったらEnterを押す

※ここでは画面にある番号は指定しない

007.png

しばらくすると完了し、勝手に画面は閉じる


3.インストールの確認

コマンドプロンプトを開いて、「ruby -v」を打ち込んでバージョン情報が出力されればOK

image.png


05.Rubyインタプリタを設定する


1.[ウィンドウ]-[設定]を開く。


2.左側にあるメニューから[Ruby]-[インタープリター]を選ぶ。

image.png


3.画面右上の「追加」を押す。


4.「インタープリターの追加」ウィンドウが開くので、「ruby.exe」ファイルの場所(インストール時に指定したフォルダ(デフォはCドライブ直下))を「インタープリター実行可能ファイル」に設定する。

image.png


06.準備完了。プロジェクトを作成


1.[ファイル]-[新規]-[その他]を開く。


2.[Ruby]-[Ruby プロジェクト]を押下し、[次へ]

image.png


3.プロジェクト名を設定し、あとはデフォ→[完了]

image.png


4.作ったプロジェクト右クリック-[新規]-[その他]-[Ruby]-[Ruby クラス]を押下し、クラス名を入力して[完了] ※今回は例としてクラスで作ります

image.png

image.png

5.完了!お疲れ様です。

クラスができました。

image.png

文字も小さく、エディタのテーマが「ダーク」なので大変みずらいですが、、、


6.補完してくれるか試し

image.png

でますね!

どこまで補完してくれるかはこれから触って確認していきます、、、

基本的なif文やメソッド記述などは勝手にendまで入れてくれるようです。

おーわり