Edited at

CentOS7にGrowi(旧Crowi-Plus)をインストールする方法

More than 1 year has passed since last update.

2018.4.18現在の最新版Growi(v3.0.7)向けの手順。

Growiバージョンにより要求されるモジュール(nodejsやnpmなど)のバージョンが異なる場合があるので、Growi GitHubの説明をよく読むこと。


OS初期セットアップ

OSのインストールが完了していなければ、下記ページを参考にセットアップを済ませておく。

https://qiita.com/SkyLaptor/items/1036d470c2d4117b9954


前提モジュールの導入

# vi /etc/yum.repos.d/mongodb-org-3.4.repo

# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_8.x | bash -
# wget https://dl.yarnpkg.com/rpm/yarn.repo -O /etc/yum.repos.d/yarn.repo
# yum install git gcc-c++ make nodejs yarn mongodb-org
# npm install -g npm@5.8.0
# systemctl start mongod
# systemctl enable mongod


/etc/yum.repos.d/mongodb-org-3.4.repo

[mongodb-org-3.4]

name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.4/x86_64/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-3.4.asc


npmのバージョンを列挙したい場合のコマンド

# npm info npm versions --json



Growiの導入

もしバックアップから復元する予定であれば、この時点でGrowiを起動(systemctl start growi)しないこと。

# cd /usr/local/bin

# git clone https://github.com/weseek/growi.git
# cd growi
# git checkout v3.0.7
# yarn
# vi /etc/systemd/system/growi.service
# vi /etc/sysconfig/growi
# systemctl daemon-reload
# systemctl start growi
# systemctl enable growi


/etc/systemd/system/growi.service

[Unit]

Description=Growi
After=network.target mongod.service

[Service]
WorkingDirectory=/usr/local/bin/growi
EnvironmentFile=/etc/sysconfig/growi
ExecStart=/usr/bin/npm start

[Install]
WantedBy=multi-user.target



/etc/sysconfig/growi

PORT=3000

NODE_ENV=production
PASSWORD_SEED="`openssl rand -base64 128 | head -1`"
MONGO_URI="mongodb://localhost/growi"
FILE_UPLOAD=local

2-3分待った後にhttp://{サーバーIP or FQDN}:3000/にアクセスすると、初回セットアップ画面が表示される。

setup.jpg

システム管理者の情報を入力し、ログインできるようにすること。


参考

https://qiita.com/yuki-takei/items/5df9601039ccfc1df01f

https://github.com/weseek/growi