Help us understand the problem. What is going on with this article?

install.esdからinstall.wimを取り出す方法

More than 1 year has passed since last update.

概要

カタログファイルを作成しようとしてinstall.wimをDVDの中から探すとinstall.esdしかない時がある。
install.esdとは複数のwimを高度に圧縮した形式らしいので、やろうと思えば必要なinstall.wimを取り出すことができる。

ESDに含まれているイメージを確認する

install.esdが入ったWindowsインストールメディアをセットして、install.esdの中に何のイメージが含まれているのか確認する。

PowerShell
Dism /Get-WimInfo /WimFile:{ESDファイルパス}

実行例:

PowerShell
Dism /Get-WimInfo /WimFile:D:\sources\install.esd

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.14393.0

イメージの詳細: install.esd

インデックス: 1
名前: Windows 10 Pro
説明: Windows 10 Pro
サイズ: 14,750,981,556 バイト

インデックス: 2
名前: Windows 10 Home
説明: Windows 10 Home
サイズ: 14,610,278,470 バイト

インデックス: 3
名前: Windows 10 Education
説明: Windows 10 Education
サイズ: 14,245,569,223 バイト

操作は正常に完了しました。

ESDからイメージを取り出す

どのイメージを取り出すか決めたら、対象のイメージを指定して取り出す。

PowerShell
Dism /Export-Image /SourceImageFile:{ESDファイルパス} /SourceIndex:{インデックス番号} /DestinationImageFile:{WIMファイルパス} /Compress:max /CheckIntegrity

Windows10 Proのinstall.wimを取り出す例:

PowerShell
Dism /Export-Image /SourceImageFile:D:\sources\install.esd /SourceIndex:1 /DestinationImageFile:C:\install.wim /Compress:max /CheckIntegrity

この方法で取り出したinstall.wimと正規(VL版)のinstall.wimは厳密にいうと別物らしいので利用は自己責任で。
ちなみにESDが入っているメディアはイメージ作成ツールで作成したisoがほとんどだと思う。VLSCからダウンロードしたメディアには普通にinstall.wimが存在する。

SkyLaptor
主に業務でWindowsイメージ展開からネットワーク設計、Webシステム開発など色々やってます。最近は主に仮想化関連。 Qiitaは備忘録としてざっくりと使っています。間違いなどあれば指摘頂けると助かります。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした