Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS7にWindowsリモートデスクトップ接続する方法

More than 1 year has passed since last update.

検証環境

  • CentOS7.4 x64 (Minimal)
  • Windows10 1703 Pro

OSの初期セットアップ

最小インストールしたCentOSを準備した。セットアップ方法は以下を参照。
https://qiita.com/SkyLaptor/items/1036d470c2d4117b9954

GUIのインストール

最小インストールしているため、まずはGUI機能を一括インストールする。インストールサイズが結構大きいため時間がかかる。

# yum groups install "GNOME Desktop"

起動時の状態をCUIモードにする

GUI機能をインストールすると次回の起動からGUIで起動してしまう場合がある。無駄なリソース消費が発生するため無効にしておいたほうが良い。

# systemctl get-default
graphical.target

graphical.targetになっていた場合はCUI(multi-user.target)にする。

# systemctl set-default multi-user.target
# reboot

CUIモード起動時の初回セットアップ

Gnomeデスクトップをインストールしていると、初回起動時に利用許諾の受諾とユーザーの作成を強制させられる。
GUIモードなら画面上で操作できるが、CUIだと分かりづらい。

=============================================================================================
=============================================================================================
Initial setup of CentOS Linux 7 (Core)

1) [!] License information       2) [ ] User creation
       (Kicense not accepted)           (No user will be created)
Please make your choice from above [`q` to quit | 'c' to continue | `r` to refresh]:

とりあえず利用許諾を受諾し、適当なユーザーを作成してこの表示をパスする手順は以下となる。(間の文言はかなり省略)

# 利用許諾の受諾
...]: 1    # 利用許諾の操作開始
...]: 2    # 利用許諾を受諾
...]: c    # 戻る
# ユーザーの作成
...]: 2    # ユーザー作成の操作開始
...]: 1    # ユーザー作成の開始
...]: 2    # ユーザーIDの入力開始
admin      # ユーザーID(任意の文字列)
...]: c    # 戻る
# 初回セットアップを完了
...]: c    # 初回セットアップ完了

XRDPのインストール

# yum install epel-release
# yum install xrdp tigervnc-server
# rpm -qa | grep xrdp
xorgxrdp-0.2.3-1.el7.x86_64
xrdp-0.9.3-1.el7.x86_64
# rpm -qa | grep tigervnc-server
tigervnc-server-1.8.0-1.el7.x86_64
tigervnc-server-minimal-1.8.0-1.el7.x86_64

XRDPの設定変更

# cp /etc/xrdp/xrdp.ini /etc/xrdp/xrdp.ini.original
# vi /etc/xrdp/xrdp.ini
/etc/xrdp/xrdp.ini
max_bpp=32
# 上記の箇所を修正
max_bpp=24

XRDPの通信を許可する

firewalldが有効な環境では、RDP通信(TCP:3389)を許可しておく。

# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=3389/tcp
# firewall-cmd --reload

XRDPの起動と起動設定

# systemctl start xrdp
# systemctl enable xrdp

接続テストと日本語入力テスト

Windowsからリモートデスクトップ(ファイル名を指定して実行でmstsc)を起動し、CentOSにアクセスする。
接続時オプションにて画面の色深度を24bitにしておくこと。
接続時にログイン情報を求められるので、rootユーザーの情報を入力する。

2017-10-04_11h49_11.jpg

Gnomeデスクトップ画面が開いたら、画面左上の「アプリケーション」→「アクセサリー」→「テキストエディター」を開き、日本語が入力できるか試す。
なお、日本語と英数の切り替えは「全角/半角」キーで行う。

日本語が打てない場合

CentOSのGnome画面の右上にある時刻表示などの近くに「あ」という入力モードが表示されていないと日本語入力ができない。
もし出ていなければ、次の手順で入力メソッドを追加する。

  1. デスクトップ左上にある「アプリケーション」から「アクティビティ」を選択する。
  2. 「検索ワードを入力」というところに「language」と入力すると、「Region & Language」というものが検索されるので、それを開く。
  3. 入力ソースにあるプラス記号を押し、「日本語 - 日本語(かな 漢字)」を追加する。
  4. デスクトップ右上に「あ」が表示されればOK。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした