RailsでTodoアプリを作成した感想を書き連ねる


はじめに

2017年11月頃に雛形を作成し、その後しばらく放置していたのですが、久々にやる気を出してコーディングしてみました。

自分向けの情報整理が主な目的ですが、役立つ部分が少しでもあればと思い書いています。


成果物

ToDoGo

https://todoapp-sinhalite.herokuapp.com/

todogo.png


仕様


  • タスクの一覧表示、追加、編集、削除を行うことができる。

  • タスクには優先度をLow,Middle,Highの三段階で設定できる。

  • タスクには未完了、完了の二つの状態がある。

  • タスクは完了しても、一覧からは消えず、打ち消し線で表示される。

  • 完了済みのタスクを一括で削除できる。

  • タスクを完了にすると、非同期でサーバに通信し、DBを更新する。

  • ログイン機能にはDeviseを使用した。


備忘録


  • Windows環境にて作成したので、初期構築時にエラーが何度か発生。Macで開発したほうが良い。

  • scaffoldで雛形を作成。余計なファイルや記述を削除する手間があるが、一から書くよりは楽かも。

  • scaffolds.scssのエラー用スタイルがダサすぎ問題。

  • Deviseは英語から日本語に修正するのが大変だった。

  • CSSの調整が大変だったため、Bootstrapなど利用すると楽できた。

  • レスポンシブ未対応。やらねば。

  • herokuはデプロイ簡単すぎてちょっと不安になる。

  • 非同期通信にはJQuery($.ajax)を利用しましたが、モダンじゃないですね。


終わりに

ここ一年ぐらい、Django/Flaskの勢いが凄いイメージなんですが、Railsにどうなるんですかね…?

個人的には、RubyはやはりRailsありきだと思うので、機械学習分野でデファクトスタンダードを獲得したPythonで同じようなことができるようになれば、そちらに流れていく気がするのです。