Help us understand the problem. What is going on with this article?

Singletonとは何ぞや

More than 5 years have passed since last update.

singletonって何ぞや

  • たくさんある「デザインパターン」のうちの一つみたいです。
    「オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン」(GoF本)で紹介されています。すごく偉い4人のプログラマーが、「これはわりと使える場面あるやろ」と言う感じでまとめてくれたものですね。

  • singletonを使うとそのクラスのインスタンスが絶対に1つである事を保証してくれます。 アプリケーションの全てのリクエストを通して常に一つである場合などが使いどころみたいです。

PHP the right wayにおけるsingleton

出典: PHP the right way - デザインパターン
getInstanceメソッドを呼ぶことでSingletonクラスがインスタンス化されますが、その後呼び出しても同一のインスタンスが返ってくるようになります。つまり一つしか作れないわけです。

<?php
class Singleton
{
    /**
     * Returns the *Singleton* instance of this class.
     *
     * @staticvar Singleton $instance The *Singleton* instances of this class.
     *
     * @return Singleton The *Singleton* instance.
     */
    public static function getInstance()
    {
        static $instance = null;
        if (null === $instance) {
            $instance = new static();
        }

        return $instance;
    }

    /**
     * Protected constructor to prevent creating a new instance of the
     * *Singleton* via the `new` operator from outside of this class.
     */
    protected function __construct()
    {
    }

    /**
     * Private clone method to prevent cloning of the instance of the
     * *Singleton* instance.
     *
     * @return void
     */
    private function __clone()
    {
    }

    /**
     * Private unserialize method to prevent unserializing of the *Singleton*
     * instance.
     *
     * @return void
     */
    private function __wakeup()
    {
    }
}

あたりまえですが

$obj = Singleton::getInstance;
var_dump($obj === Singleton::getInstance());

はtrueです。

実際、どういう使われ方してるのか

Yiiの場合だとCWebApplication(コンソール使うとCConsoleApplicationになるかも)という基底クラスを1度しかインスタンス化できないように使われています。
エントリスクリプトにて

// アプリケーションインスタンスを生成して実行します。
$configFile='path/to/config/file.php';
Yii::createWebApplication($configFile)->run();

Yiiクラス(実際は継承しているYiiBase)のcreateWebApplicationによってCWebApplicationクラスがインスタンス化

CWebApplicationが継承しているabstractクラスであるCApplicationのコンストラクタにYii::setApplicationがあり、一度だけインスタンスを作成するようになっています。

//YiiBaseのsingleton部分。
public static function setApplication($app)
{
    if(self::$_app===null || $app===null)
        self::$_app=$app;
    else
        throw new CException(Yii::t('yii','Yii application can only be created once.'));
}

setApplicationメソッドで2回目以降のインスタンス化は例外を投げるようになっています。
Yiibaseのstatic変数$_appにCWebApplicationのインスタンスを代入します。
こうなっているのでYiiではYii::app()でいつでもCWebApplicationのメソッドを使えるということなのです。

グローバルに使えてしかも常に一つのインスタンスなので、無駄にnewするコストが大幅に減ります。
そしてconfigureなどもかねているため、Yii::app()はsingletonに適していると言えそうです。

Yiiの場合はしかし、CApplicationクラスで__cloneと__wakeupに対して何も行っていないため、厳密にはsingletonパターンが保証する絶対に一つだけのインスタンスという点は担保できていないので注意が必要かもしれません。
PHP the right wayのsingletonでは上記のマジックメソッドはprivateとして定義しているため、やろうにもできないようにしてあります。

$obj = Yii::app();
//本来ならインスタンスは1個のみなので出来ないはずだが複製できてしまう。
$obj2 = clone $obj;
var_dump($obj === $obj2); // false

CApplicationにprivateメソッドの__cloneと__wakeupをおけば解決するのですが、意図的に可能にしているのでしょうかね?

追記)

$obj = Yii::app()-hoge;
$obj2 = clone $obj;
$obj->property = 'hogehoge';

echo $obj->property; // hogehoge
echo $obj2->property; // hogehoge ????

なるほど、わからん。

singletonにおけるデメリット

singletonの性質上、うまくはまれば役に立つのは間違いありませんが、singletonたるゆえの弊害もあります。

暗黙の依存関係を生んでしまいテストがしにくくなる

グローバルな状態を持ち込む事になる。
本来の使い方がそうなので仕方ないと言えば仕方ない

後から複数インスタンスにしたいってなった時は悲惨
悲惨

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした