Help us understand the problem. What is going on with this article?

"ワンドロ"開発をしよう

More than 1 year has passed since last update.

ことの始まり

さて、唐突だけれど、"ワンドロ"という言葉はご存知だろうか?
イラストレーター界隈の言葉で、「60分お絵かき一本勝負」のことを指すらしい。
具体的にはこんな感じで話が進むようだ。

  1. 「お題」を決める。
  2. 御題に沿って描き始める。
  3. 60分経ったら作業途中でもおしまい。

トレーニングの一環であり、且つ、娯楽のひとつでもあるようで
ツイッターなんかだと決まった時間に御題を出してくれるアカウントなんかもあるらしい。
あるいは自分の絵を世に出す広報的な役割もあるのかもしれない。

なぜこんな話を始めたか、と言うところなのだけれど
実は最近少し暇を持て余している。

フリーランスのエンジニアで、受託開発を主としているのだけれど
仕事と仕事の合間があるとまぁやること無いわけで。

で、"ワンドロ"のことをふと思い出した訳である。

具体的には・・・

絵のことはよくわからないけれど、少なくとも開発を一時間ってのはさすがに厳しい。
作るものがガッツリ決まっているならともかく、御題という形でざっくりだされた物だと
1時間では詳細な仕様を決めるだけで終わりだろう。
作ったものはGitHubで公開するつもりなので、あまりにも雑なソースを出すわけにも行かない。

そんなわけで以下の条件を設定することにした。

  1. 「御題」に対する時間見積もりを別途行う。最大で一週間ほど。
  2. 1日に使える時間を制限する。クリエイティブな活動は8時間が限度、という言葉を鵜呑みにして8時間を最長に。
  3. 見積もり時間を越えたら作業途中でもおしまい。

もはやワンドロなんだか一人スクラム開発なんだかわからないけど、暇に任せて携帯弄ってるよりよさそうなのでこれでやってみよう。

せっかくなので

開発時間を記録するアプリをサクッと作ってみた。

ConditionalDevelopmentSupportApp (条件付き開発支援アプリ)
https://github.com/Shiratori1218/ConditionalDevelopmentSupportApp

ちょっと納得いかないところもあるので随時更新予定。
とはいえ、これで環境は整ったので今週からワンドロ開発をやってみようと思う。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした