Help us understand the problem. What is going on with this article?

Git 超入門(SourceTreeじゃなくてターミナル)

More than 5 years have passed since last update.

Git 超入門(SourceTreeじゃなくてターミナル)

mac を使います。
ちょっとずつ書いていきます。
対象は、
普段SourceTreeを使っているけどターミナルでかっこよくgitを使いたい人
です。

追記:

書いてて思ったけど
http://www.backlog.jp/git-guide/reference/
サルでもわかるGit入門 
のサイトの方が分かりやすいや(´・ω・`)ショボーン

gitのsystem 設定(ユーザー名・メールアドレスを記入する)

system設定
$ git config —-global user.name “ダブルクォーテーションの中にユーザー名”
$ git config —-global user.email testemail@yahoo.co.jp

checkout のコマンドを co でできるようにする

checkoutをcoでもできるように
$git config --global alias.co checkout

最初のローカルリポジトリを作る

カレントディレクトリにリポジトリが作られるから注意ね!

リポジトリ作成
$ git init
成功すると「Initialized empty Git repository in **pass*」と表示される

成功するとカレントディレクトリに.gitファイルが作成される。

gitignoreを作成する

gitignoreはgitの作成したリポジトリのルートディレクトリに置く必要がある。

.gitignore
$ vim .gitignore

indexに追加する

indexに追加
$ git add .

addの後に[.]を使うことでカレントディレクトリを含む以下の全階層にあるディレクトリ・ファイルをindexに追加できる

ステージングエリアを確認する

ステージングエリアを確認
$ git status

コミットをしよう

コミット
$ git commit -m  "こめんとはちゃんと書こうね"

-m をつけることで 末尾にコメントを記述してすぐにコミットすることができる

logを確認しよう

logを確認しよう
$ git log
結果
commit ididiidiididiidididiid ->commitのid
Author: コミットした人の名前 <test@yahoo.co.jp> ->commitした人の情報
Date:   Wed May 29 15:31:19 2015 +0900 ->commitした日時

  "こめんとはちゃんと書こうね" ->コメント

リモートリポジトリにpushするために

githubとかでリモートリポジトリを作成する

https://github.com/!!!username!!!/first_app.git
みたいなurlを取得する

ローカルリポジトリにリモートリポジトリを登録する

ローカルリポジトリにリモートリポジトリを登録する
$ git remote add origin https://github.com/!!!username!!!/first_app.git

リモートリポジトリにpushする

pushする
$ git push -u origin master

ブランチを変えよう

ブランチを新規作成する

ブランチの作成
$ git branch -b 新規ブランチ名

現在いるブランチを確認

ブランチを確認
$ git branch 
結果
  master
* 新規ブランチ名

アスタリスクが付いているブランチが現在のブランチです
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした