Help us understand the problem. What is going on with this article?

カスタムJDBC DriverをPower BIで利用する

はじめに

内部利用のために構築したカスタムJDBC Driverをお持ちですか?またTableauやPower BIのようなビジュアライゼーションツールでの活用を検討していますか?これらのツールはODBCコネクションを利用するためJDBCドライバを直接利用することはできません。一方、Progress DataDirect SequeLinkは、JDBCドライバのODBCアクセスや、ODBCドライバのJDBCアクセスに役立つAPIブリッジソリューションです。今回はJDBCドライバとProgress DataDirect SequeLinkを使ってODBCアクセスを行う方法を一通り説明します。

Progress DataDirect SequeLinkにはサーバーコンポーネントとクライアントコンポーネントという二つの構成要素があります。この記事ではJDBCソケットとODBCクライアントを使いODBCコネクション経由でJDBCドライバにアクセスします。

またStocks-AlphaVantage API用に、Progress DataDirect OpenAccess SDKで構築したカスタムJDBCドライバを利用します。ドライバ構築について詳しくはこちらをご覧ください。

前提条件

動作環境:
Windows 7 64ビット以上
JDK 1.8 32ビット以上

ダウンロードとインストール:
1.Progress DataDirect SequeLink のダウンロードページへ行き、ダウンロードボタンをクリックします。

2.ダウンロードページのServer for JDBC SocketにあるServer for Windowsをダウンロードします。

3.使用する予定のアプリケーションアーキテクチャに合わせてClient for ODBCにある32ビットまたは64ビットのWindows版をダウンロードします。

4.Server for JDBC Socket (sl600odbc64cl.zip)を開き、setup.exeを実行してサーバーをインストールします。

5.インストール中は、以下にある“SequeLink Service for JDBC Socket Settings”を除きdefaultsを選択してください。
1-jdbc-sequelink-tableau.png

6.各項目には以下のとおり入力してください。
J2RE Path: C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.8.0_161\jre

Driver Class Path: customJDBCDriver.jarまでのパス(C:\ProgramFiles...\customJDBCDriver.jar; のような形式)

Driver Class Name: <自分のJDBC Driver Class名>

Connection URL: <自分のJDBC Connection URL>

7.Nextをクリックしてインストールを完了します。

8.スタートメニューからSequeLink Management Console Snap-inを開きます。管理コンソール内で

  • SLAgent60とSLSocketJDBC60がどちらもactive/runningであることを確認してください。

  • JDBCドライバの設定を変更したい場合には、以下から変更できます。
    SLSocketJDBC60 -> Data Source Settings -> Default -> General

  • ドライバのクラスパスを変更したい場合には、以下から変更できます。
    SLSocketJDBC60 -> Service Settings -> Environment

  • JVMのメモリ不足でドライバが実行できない場合には、こちらのサポート情報で解決方法を確認ください。

9.先へ進み、手順3. でダウンロードしたSequeLink ODBC clientをインストールしてください。
sl600odbc64cl.zipを開きsetup.exeを実行して、SequeLink ODBC driverをインストールします。

ODBCクライアントを設定する

1.インストールしたドライバに合わせてODBCデータベースアドミニストレーター(32ビットまたは64ビット)を開いてから、DataDirect SequeLink 6.0を選択してクリックします。
2-jdbc-sequelink-tableau.png

2.以下のように詳細情報を入力します。SequeLink JDBC Socketの実行先はSLSocketJDBC60 -> Service Settings-> Generalで確認できます。
3-jdbc-sequelink-tableau.png
3.Test ConnectをクリックすればDataDirect SequeLink 6.0に接続できます。

Power BIに接続する

1.Power BIを開きConnect to Other -> ODBCを開きます。先ほど作成したデータソースが確認できるはずです。

2.Power BIからカスタムJDBCドライバに接続できるようになりました。
4-sequelink-jdbc-power-bi.png

3.こちらがStocks-AlphaVantage API用のカスタムJDBCドライバを使ってPower BI上に作成したビジュアルのサンプルです。
5-sequelink-jdbc-power-bi.png

Progress DataDirect SequeLinkはどのJDBCドライバでも利用でき、アプリケーションにODBCコネクションとして接続できるようになります。また、ADO.NETやOLEDBといったレガシーテクノロジーにアクセスする必要がある場合にも、SequeLinkはこれらをサポートしています。是非Progress DataDirect SequeLinkを試してみてください。

参照:https://www.progress.com/tutorials/jdbc/use-your-custom-jdbc-driver-with-microsoft-power-bi

Shellkeynz
データアナリスト兼プロジェクトマネージャーとして活動中です。
http://www.utilize.work
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした