Help us understand the problem. What is going on with this article?

SharePoint 2013 における SQL Server の構成について(メモというかリンク集)

More than 3 years have passed since last update.

SharePoint Server ファーム内の SQL Server のベスト プラクティス

SQL Server の専用サーバーを使用する

SharePoint Server 2013 を展開する前に特定の SQL Server 設定を構成する

  • SQL Server と SharePoint Server をホストするサーバー上では、統計情報の自動作成を有効にしないでください...(要約すると、自動的にやってくれてるから、手動で変更しないでね) ** ← つまりなにもしないでヨシ。**

現在の「統計情報の自動作成」の一括確認方法

USE master
GO
SELECT name, is_auto_create_stats_on, is_auto_update_stats_on
FROM sys.databases;
GO

現在の「統計情報の自動作成」の変更方法

ALTER DATABASE コマンドで AUTO_CREATE_STATISTICS を ON にすることも出来るが、とりあえず手動でも変えられる
image

  • SharePoint コンテンツ データベースの統計情報は、SQL Server から FULLSCAN オプションを使用して毎日更新することをお勧めします... (要約すると、タイマージョブで自動的に毎日やっているけど、確実に完了している保証がないから、SQL server のメンテナンスプランでスケジュール実行した方がいいよ)
    古いデータベースの統計情報は、SharePoint サーバーのパフォーマンスが低下する、タイムアウトが発生し、実行時エラーを生成します。 ** ←に記載のあるエラーが出ていたらやる。**

  • SharePoint データベースをホストする SQL Server のインスタンスに対する並列処理の最大限度 (MAXDOP) を 1 に設定し、単一の SQL Server プロセスがそれぞれの要求を処理するようにします。** ←なってないとインストール出来ないようになっているので、恐らくほぼだいたい大丈夫。**
    image

データベースの種類と説明 (SharePoint 2013)

ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server 2013)

コア ストレージおよび IOPS のニーズを見積もる

構成ストレージおよび IOPS

構成データベースのトランザクション ログは大きくなる可能性があるので、データベースの復旧モデルを完全復旧モデルから単純復旧モデルに変更することをお勧めします。

SharePoint Server 2013 での容量管理と規模設定の概要

SharePoint_X
I am a SharePoint Developer, Biker and Skater.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした