Mac
Windows
Parallels
仮想
容量

容量の少ないMacでWindowsを動作させるための備忘録

経緯

筆者は長年、MacでWindowsを動作させる方法を様々に模索してきたが、この現在(2018/5)においてようやく最良と言えるものが決まった。
まず筆者の環境を示す。

環境

  • MacbookPro 13inch(Early2015) 128GB カスタマイズ無し

方法

この環境においてWindowsを動作させるには基本的に2つの方法が考えられる。

  • BootCamp
  • 仮想化アプリケーション

BootCampを試してみる

M.2なだけあり、起動も動作もサクサク。むしろサクサクじゃないとBootCampな意味がない。

Parallelsを用いて仮想にする(内臓SSD)

BootCampには速度は若干劣るが、十分な速度で動作する、ゲーム等も十分(勿論、同等のWidnwosPC以下の性能しかないが)である。

しかし、上に記した2つの方法にはいずれも越えられない壁がある、容量である。筆者の場合,SSDが128GBしかなく、あくまでもメインはMacなのでWindowsに割り当てられる容量には限りがある。Windowsの容量が小さく、VisualStudioや各種ゲームがインストール出来ないのであればWindowsをインストールする意味がない。それを踏まえて次の方法を試す。

Parallelsを用いて仮想化する(外付けHDD&USB3.0)

この方法は容量面に関しては非常によかった。しかし、当たり前だが通信速度がネックとなり、性能の低下が著しかった。

このことから、仮想をよりよくするには、通信速度を向上させることが重要なことが分かった。よって解決策は次の通りだ。

  • USB3.0の通信速度が遅い
    • ThunderBoltやUSB3.1対応のHDDにする
  • HDDが遅い
    • 外付けSSDにする

つまり、ThunderBold or USB3.1対応のSSDが最強となる。
しかし、筆者は一つのことを思いついた

RAID組めばよくね?

RAIDを組んで外付けHDDで仮想化する

MacにはソフトウェアRAIDを組む機能がある。
DiskUtility->ファイル->RAIDアシスタントから作成可能である
スクリーンショット 2018-05-15 23.49.20.png

これで作成したRAIDを用いて仮想マシンを作成する

結果

RAIDをくみ外付けHDDで仮想化ソフトを用いた場合、SSDよりはモッサリしているが内臓HDDで動作させているのと遜色ない速度が出ることが分かった
CrystalDiskで測定した結果でも同等の速度は出ていることが分かっている

あとがき

仮想化ソフトはParallelsに限らずVisualBoxでも作成可能である
今回Windowsでのみ動作確認しているため確実なことは言えないがLinuxにも同等の効果があると思われる為
試してみたい方はVisualBox&Linuxで試すことをオススメする