Help us understand the problem. What is going on with this article?

【メモ】GAE/Goで特定の関数だけテストを実行したい場合のコマンド

More than 1 year has passed since last update.

GAE/Goで特定の関数だけテストを実行したい場合のコマンド

ローカルで開発を行なっていて、確認のためにgitにcommit前に特定の関数だけのテストを実行したい場合など有効。

シンプルな表示だけをしたい場合

コマンド

goapp test ./テストしたい関数の所属するディレクトリ/... -run 実行したい関数名

実行結果例

ok path/to/テストした関数の所属するディレクトリ テストにかかった秒数

被テスト関数が出力するログや各テストケースも表示したい場合

コマンド

goapp test ./テストしたい関数の所属するディレクトリ/... -v -run 実行したい関数名

実行結果例

以下の内容が表示される

  • 被テスト関数が出力するログ
  • 各テストケース
  • ok path/to/テストした関数の所属するディレクトリ テストにかかった秒数

コマンドの引数の意味

ディレクトリ/...

ディレクトリ以下のテストを実行する
参考 : はじめてのgo test - Qiita

-v

-v
Verbose output: log all tests as they are run. Also print all
text from Log and Logf calls even if the test succeeds.

引用元 : goapp test -helpコマンド

意訳 :
冗長な出力 : 動作する全てのテストのログを記録する。Logの出力する全てのテキストを表示し、テストが成功したとしても、Logfを呼び出す。

-run regexp

-run regexp
Run only those tests and examples matching the regular expression.
For tests the regular expression is split into smaller ones by
top-level '/', where each must match the corresponding part of a
test's identifier.

引用元 : goapp test -helpコマンド

意訳 :
正規表現に適合するテストとexamplesを動作させる。
テストにおいては、正規表現は最上位の'/'で分割される。分割された各々の箇所は、テストの識別子の部分一致に適合しなければならない。

参考にさせていただいたサイト

はじめてのgo test - Qiita

Sekky0905
最近GoとGCPに戻ってきました。 以前は、GAE/Go、AWS、TypeScript、Angular、Vueをやっていました。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした