Help us understand the problem. What is going on with this article?

Circle CI 2.0の基礎的な設定まとめてみた(GAE/Goのサンプル付き)

More than 1 year has passed since last update.

Circle CI 2.0の基礎的な設定まとめてみた(GAE/Goのサンプル付き)

今回の記事について

Circle CI2.0用の設定の基礎的な部分のメモ。

今回の記事は、単純な設定をCircle CI 2.0 で行うことを目的としているため、基礎的な設定のみを行い、Workflow等の設定は行わない。
※ Workflowの記事は別で書きたいと思っている。
また、サンプルとして、GAE/Goの設定を行う。
別にCircle CI1.0のことを知らなくても読めるはず。
Circle CI 1.0とCircle CI 2.0の機能的な違いなどについては、ここでは行わないので、以下を参考にするといいと思われる。
CircleCI 2.0に移行して新機能を活用したらCIの実行時間が半分になった話 - クラウドワークス エンジニアブログ

CircleCI 2.0を使うようにするだけで、こんなに速くなるとは夢にも思わなかった! | Tokyo Otaku Mode Blog

基本的な設定の項目はまとめるが、全部ではないので足りないところについては公式ドキュメントを参照されたい。

公式ドキュメントをかなり参考にさせていただいた。

実際の設定

まずは、実際の設定ファイルを見ていく方がわかりやすいと思うので、まずは設定ファイルを以下に記述する。

circleci/.config.yml
version: 2 # バージョン2を指定する
jobs:
 build: # Goのbuildとテストを行う
  docker: # ベースとなるDocker imageを指定
   - image: circleci/golang:1.8 # Dockefileのパスを指定(Go1.8を指定)
  environment:
   TZ: /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo # Time Zoneを指定
  working_directory: /home/circleci/go/src/project # コード実行場所 以下のstepsはworking_directoryで実行される
  steps: # ローカルでも必要なものはshell scriptと言う感じで行う
   - checkout # working_directoryにcheckout
   - run: # command lineのプログラムを発動させる
      name: Set PATH to .bashrc. # runには名前をつけることができる
      command: | # 実際のコマンド 複数行に場合は、 `|` をつける
       echo 'export PATH=$HOME/go/bin:$HOME/go_appengine:$PATH' >> $BASH_ENV  # $BASH_ENVはデフォルトで入っている
       source /home/circleci/.bashrc
   - run:
      name: Make GOPATH directory. # GOPATHを指定するディレクトリを作成
      command: mkdir -p $HOME/go/src
   - run:
      name: Set GOPATH to .bashrc. # .bashrcにGOPATHを追加
      command: |
       echo 'export GOPATH=$HOME/go' >> $BASH_ENV  # $BASH_ENVはデフォルトで入っている
       source /home/circleci/.bashrc
   - run:
      name: Install appengine sdk. # appengine SDKをインストール
      command: |
       wget https://storage.googleapis.com/appengine-sdks/featured/go_appengine_sdk_linux_amd64-1.9.58.zip
       unzip go_appengine_sdk_linux_amd64-1.9.58.zip -d $HOME
   - run:
      name: Execute setup. # ここでセットアップ用のshellを実行
      command: PATH/TO/setup.sh
   - run:
      name: Run Server Unit Tests. # ここでユニットテストを実行するshellを実行
      command: PATH/TO/test.sh

Circle CI 2.0の各項目の説明

設定ファイル

Circle CI 2.0では、設定ファイルを従来の circle.yml ではなく、 .circleci/config.yml に記述することになっている。

version

Circle CI 2.0を使用する場合は、versionと言うkeyを .circleci/config.yml の先頭に記述し、valueとして、2を指定する。

jobs

mapで表現する。以降で説明する各jobの集合。

docker

dockerの設定を行う。
色々な項目があり、全部は記述しないので、その他の項目や詳しいことは公式ドキュメントを参照されたい。

image

Circle CIで使用するCustom Docker Image。
複数指定することが出来るが、最初に設定したDocker ImageがDocker executorを使用して、各jobを実行するのに使用されるPrimary Containerとなる。

environment

各変数はここで宣言する。

TZ

Docker imageのTime Zoneは、environmentにTZと言う変数で指定する。

working_directory

後述するstepsを実行する場所を指定する。

branches

Git hubなどのbranchのルールを指定する。
onlyとignoreを指定することができる。
onlyとignoreが同一 .circleci/config.yml に存在する場合に関しては、ignoreのみが適用される。

only

onlyを宣言した後のbranch名のリストにあるbranchのみCircle CIが実行されるようになる。

ignore

ignoreを宣言した後のbranch名のリストにあるbranchを無視してCircle CIが実行されるようになる。

Workflowを使用する場合は、個別のjobにbranchを記述しない。

steps

実行されるstepのリスト。
key/valueのmapで表現する。
色々な項目があり、全部は記述しないので、その他の項目や詳しいことは公式ドキュメントを参照されたい。

checkout

設定されたpathにソースコードをcheck outする。
デフォルトでは、 working_directory がそのpathになる。

run

command lineプログラムを実行する。
以下のような方法が基本的な書き方。

-run 
  command: コマンド

以下のように name としてcommandに名前をつけることもできる。

-run 
    name:
  command: コマンド

この場合は、CircleCI UIで表示される時にcommandがこの名前で表示される。
そうじゃない場合はフルのcommandが表示れるので、 name をつけた方がわかりやすくていいと思う。

複数行に渡る command| をつけて、以下のように記述する。

-run 
    name:
  command: |
  コマンド1行目
  コマンド2行目

その他の注意点

Circle CI 1.0では、 environment に指定すればCircle CIがよしなにやってくれていたが、Circle CI 2.0ではそうはいかない。
Circle CI 2.0では、自分で command で、.bashrc に設定する必要がある。
サンプルにある BASH_ENV というのはCircle CI 2.0がデフォルトでexportしているため、自前でenvironmentで宣言する必要はない。
以下を参考にさせていただいた。
How to add a path to PATH in Circle 2.0? - CircleCI 2.0 / 2.0 Support - CircleCI Community Discussion

GAE/Goのサンプルの流れの説明

GAE/Goの流れは以下のようになっている。(stepsの部分のみ説明)
1. .bashrcにPATHを設定する
2. GOPATH用のディレクトリを作成する
3. 作成したGOPATH用のディレクトリを.bashrcにGOPATHとして設定
4. appengine SDKをインストールして、解凍
5. その他の設定用のshellを実行
6. テスト用のshellを実行

Circle CIから別の環境に乗り換えることも考慮して、appengine SDK以外の設定に関しては、shellで行うようにしている。

所感

書きやすくなった。

参考にさせていただいたサイト

公式ドキュメント

Circle CI2.0

circleci2.0でおもにgoをCIする

CircleCI 2.0に移行して新機能を活用したらCIの実行時間が半分になった話 - クラウドワークス エンジニアブログ

How to add a path to PATH in Circle 2.0? - CircleCI 2.0 / 2.0 Support - CircleCI Community Discussion

CircleCI 2.0を使うようにするだけで、こんなに速くなるとは夢にも思わなかった! | Tokyo Otaku Mode Blog

※ ブログでも同一の投稿を行っている。

Sekky0905
最近GoとGCPに戻ってきました。 以前は、GAE/Go、AWS、TypeScript、Angular、Vueをやっていました。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした