Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Minecraft] Modding備忘録 (2. Forgeのビルド )

今回の目標 (Forgeのビルド)

MinecraftForgeが立ち上がる

Forgeのダウンロード

Forge.netにアクセスして、自分のダウンロードしたいバージョンのForgeを左メニューから選択。(今回は1.15.2)

Show all Versionsから虫マーク(バグマーク)の付いていない物で、Mdkクリック. (使う人のために古めの物を使ったほうがいいのかもしれませんが、新しいのとどっちがいいのでしょう?)

AdFoc.usに飛ぶので、右上がSkipになるまで待機した後Skipを押し、ダウンロードする。

Eclipseのworkspace内にテキトーなフォルダを作る(今回はJapaneseColor1152),(workspaceはWindowsデフォルトではC:\Users\ユーザー名\eclipse-workspace)

作ったフォルダにさっきダウンロードしたzipファイルを展開

  • gradle(フォルダ)
  • src(フォルダ)
  • .gitignore
  • build.gradle
  • changelog.txt
  • CREDITS.txt
  • gradle.properties
  • gradlew.dat
  • LICENCE.txt
  • README.txt

このうち、「.gitignore」,「changelog.txt」「CREDITS.txt」,「LICENCE.txt」はいらないので消しておきましょう.(必要になったらまた展開してください)

Forgeのビルド

先ほどのフォルダ内の「README.txt」の通りに進めるだけです. (※以下はEclipseの場合です)
まず、コマンドプロンプトを開き、cdコマンドで場所を上記の「build.gradle」があるフォルダに移動します.(私の場合C:\Users\ユーザ名\eclipse-workspace\JapaneseColor1152, つまりコマンドはcd "C:\Users\ユーザ名\eclipse-workspace\JapaneseColor1152")

次に、私はEclipse使ってますのでgradlew genEclipseRunsを実行.((Mac/Linuxの場合は./gradlew genEclipseRuns))

ナニカ始まるのでそのまま待機し、それが終わり次第Eclipseを起動. (緑で「BUILD SUCCESSFUL」と出れば成功です)

Eclipseで「File」→「Import...」→「Gradle→Existing Gradle ProjectでNext」→「Welcomeみたいなページ出るけど、チェック外してNext」→「Project root directoryで今回のヤツを選択(私の場合C:\Users\ユーザ名\eclipse-workspace\JapaneseColor1152)→「Finish」

またビルド始まるのでおとなしく待ちましょう

Modのビルド

ProjectExprolerというところに先ほどのヤツが追加されているので、三角のチョボで開いて、「runClient.launch」を探してください。

「runClient.launch」を右クリック、「Run As」→「Run Client」を実行

マイクラが起動すれば成功です。お疲れさまでした。

Seaoftrees08
日本語すらまともにできなさそうな日本人。 ついこの間WPFを書こうとか思った初心者さん。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした