Julia

julia で小規模なcsvファイルを読み込み・操作・保存・確認まで(Julia1.0 対応)

本日は

2018/10/1更新(Julia1.0対応のためにコードを書き換えました。)
更新前は DataFrames を使っていましたが、CSV.jlでファイルの入力、出力を制御することを推奨されています。

https://juliadata.github.io/DataFrames.jl/stable/man/getting_started.html#Importing-and-Exporting-Data-(I/O)-1

For reading and writing tabular data from CSV and other delimited text files, use the CSV.jl package.

If you have not used the CSV.jl package before then you may need to install it first:

ここでやること

ファイル操作の一環として次の流れをJuliaでやってみたいと思います:

sample.csv
1,2,3
4,5,6
7,8,9
  1. 上記のcsvファイルの読み込み
  2. データの編集
  3. 保存
  4. 確認

環境

PCはMacOSX,Juliaのバージョンは1.0.0です.

実装例

実装には DataFrames および CSV パッケージを使いました.

  1. csvファイルの読み込みで CSV.read を用いる
  2. size 関数で dataframe の行数と列数を得る.
  3. 各列を列の値倍(c倍)する.
  4. 保存は CSV.write で行う.
handlecsv.jl
# `add CSV` to install CSV.jl
using CSV

function main()
    dataframe = CSV.read("sample.csv", header=false, delim=',')
    @show dataframe
    row,col=size(dataframe)
    for  c =1:col
        dataframe[c] *= c
    end
    @show dataframe
    dataframe |> CSV.write("output.csv",delim=',', writeheader=false)
end

main()