Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@SatoshiGachiFujimoto

他人になりすまし!?Avatarifyでオンライン会議でーる(Windows10、Python3.7)

はじめに

オンライン会議などで、他人になりすませるAvatarifyをやってみました。

システム環境

  • Windows10(RTX2080 Max-Q、i7-8750H、RAM16GB)
  • Anaconda 2020.02
  • Python 3.7
  • CUDA 10.0

導入

avatarifyをクローンします。

avatarify用の環境を作ります。

$ cd avatarify-master
$ conda create -n avatarify python=3.7
$ conda activate avatarify

ライブラリをインストールします。

$ pip install torch==1.2.0 torchvision==0.4.0 -f https://download.pytorch.org/whl/torch_stable.html
$ pip install -r requirements.txt

CUDA 10.0をインストールします。(無くても動くかも。)

vox-adv-cpk.pth.tarをダウンロードし、avatarify-masterフォルダに置きます。解凍はしなくていいです。

first-order-modelをクローンし、avatarify-masterフォルダに置きます。(LICENSE.md、README.md、requirements.txtは除く)

下記を実行しましょう。最初はface detection CNN、Face Alignment Network(FAN)をダウンロードするので時間がかかります。--cam 0のところの数字を1,2,3と変えるとカメラ入力の変更ができます。

$ python cam_fomm.py --config config/vox-adv-256.yaml --cam 0 --relative --adapt_scale --no-pad --checkpoint vox-adv-cpk.pth.tar

開始したら、正面向いてxキーを押してアバターの位置をリセットしてください。うまく表示されるようになると思います。あとはスマホのライトを顔に当てて明るいところでやってみてください。あとは顔をできるだけ近づけるか、カメラをズームインしたほうがいいようです。

1-9: 各キーに設定されたアバターに切り替え
0: アバターの表示/非表示(カメラ入力そのまま)
a: 前のアバター
d: 次のアバター
w: カメラのズームイン
s: カメラのズームアウト
q: StyleGANのアバターを読み込み
x: アバターの位置をリセット
c: カメラにアバター重ねて表示(濃くなる
z: カメラにアバター重ねて表示(薄くなる
i: FPSなどの情報表示
r: カメラのミラー表示
t: アバターのミラー表示
f: 毎フレームトラッキングモードに切り替え(遅くなる
ESC: アプリの終了

あとはOBSとかでZoomのカメラ入力にすればOK。
お疲れ様でした。

2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
SatoshiGachiFujimoto
高専で制御を学び、大学でセンシングを学び、次は脳みそ。SLAMに関連したロボット/ドローンやMRの研究開発をしています。
knowledgecommunication-inc
クラウドインテグレーター、AI・VRの分野で様々なソリューションを展開

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?