search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

MultiUserCapabilitiesTutorialsやーる(HoloLens2、Unity2019.4.1f1、MRTK2.4.0、Photon2.22、AzureSpatialAnchors2.2.1)

はじめに

マルチデバイスでオブジェクトの共有ができるチュートリアルをやっていきます。公式のドキュメントはこちらです。Photonでオブジェクトを共有して、Azure Spatial Anchorsでオブジェクトの位置合わせるという感じです。ビルドでちょっとハマったので備忘録です。

開発環境

  • Windows 10
  • HoloLens 2
  • Unity Hub
  • Unity 2019.4.1f1
  • MRTK 2.4.0
  • Azure Spatial Anchors 2.2.1
  • AR Foundation 2.1.8
  • PUN 2 FREE 2.22

導入

1.Unityプロジェクトを作成し、Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation.2.4.0.unitypackageをインポートします。

2.MRTK Project Configuratorが表示されたら、Applyします。
image.png

3.こちらもApplyします。
image.png

4.File -> Build Settingsを開き、UWPを選んで、Switch Platformをクリックします。
image.png

5.Applyします。
image.png

6.Build Settings->Player Settingsをクリックし、Publishing Settings->CapabilitiesのInternetClient、InternetClientServer、PrivateNetworkClientServer、Microphone、SpatialPerception、GazeInputにチェックを入れます。
image.png

7.Mixed Reality ToolkitからAdd to Scene and Configureをクリックし、Hierarchyビューに配置されたMixedRealityToolkitを選択します。Inspector ViewからDefaultHoloLens2ConfigurationProfileをクローンします。
image.png

8.任意の名前を付けます。
image.png
image.png

9.Spatial AwarenessのEnable Spatial Awareness Systemにチェックを入れ、DefaultMixedRealitySpatialAwarenessSystemProfileをクローンします。
image.png

10.任意の名前を付けます。
image.png

11.DefaultMixedRealitySpatialAwarenessMeshObserverProfileをクローンします。
image.png

12.任意の名前を付けます。
image.png

13.Display OptionでOcculusionを選択します。
image.png

14.Window->Package ManagerからAR Foundationをインストールします。
image.png
image.png

15.公式サイトにある下記のunitypackageをインポートします。
AzureSpatialAnchors.unitypackage (version 2.2.1)
MRTK.HoloLens2.Unity.Tutorials.Assets.GettingStarted.2.4.0.unitypackage
MRTK.HoloLens2.Unity.Tutorials.Assets.AzureSpatialAnchors.2.4.0.unitypackage
MRTK.HoloLens2.Unity.Tutorials.Assets.MultiUserCapabilities.2.4.0.unitypackage

16.Window->Asset Store からPUN 2 - Freeを検索、インポートします。
image.png

17.セットアップウィザードは一旦閉じてOKです。
image.png

18.Photon Dashboardを開き、Photon Type: Photon PUN、Nameは任意の新しいアプリケーションを作成します。
image.png

19.作成したPhoton PUNアプリケーションのApp IDをコピーします。
image.png

20.Window->Photon Unity Networking->PUN Wizardを開き、
image.png

21.Setup Projectをクリック。
image.png

22.App IDを入れて、Setup Projectをクリックします。
image.png

23.TMP Importerが表示されたらインポートします。
image.png

24.ProjectビューからAssetsのMRTK.Tutorials.AzureSpatialAnchors->Prefabs->DebugWindowとMRTK.Tutorials.MultiUserCapabilities->PrefabsのNetworkLobbyとSharePlaygroundをHierarchyにD&Dします。
image.png

25.HierarchyからCreate Empty->GameObjectを作り、名前をPhotonUserとします。PhotonUserのInspectorViewからPhotonUserとGenericNetSyncとPhotonViewをAddComponentします。GenericNetSyncのIsUserにチェックを入れます。
image.png

26.PhotonUserに子オブジェクトのSphereを作成、MeshRendererのElement 0にMRTK_Standard_Whiteをアタッチします。
image.png

27.PhotonUserをMRTK.Tutorials.MultiUserCapabilities->ResourcesへD&Dし、Hierarchyビューから削除します。
image.png

28.NetworkRoomにPrefab化したPhotonUserをアタッチします。
image.png

29.Player SettingsのXR Settingsを忘れずに。
image.png

30.BuildSettingsからビルドします。
image.png

31.Holo2フォルダを作成し、選択します。
image.png

32.エラーが出ました。
image.png

33.Unityによるゲーム開発にチェックをいれて、Visual Studio 2019を更新しましたがエラーは出たままでした。
image.png

34.ProjectビューのPhoton->Photon Chatフォルダを消して、Photon->PhotonLibs->Metro->Photon3Unity3D.dllを選択、InspectorViewでScriptingBackendをIl2Cppにするとビルドできました。
PUN 2 UWP Build Errors
image.png

35.Player Settings->Other Settins->Graphics Jobsのチェックも外しておきます。
image.png

35.ビルドしてできた.slnファイルをVisual Studio 2019で開き、Release/ARMで実機へデプロイします。

36.HoloLens2とUnityEditorをスタートし、Sphereが共有できることを確かめましょう!
image.png

これでPhotonを用いてオブジェクトの共有ができました。
Azure Spatial Anchorsを用いて現実世界の同じ位置に表示して共有する方法(続く)

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0