Vapor

VaporでSQLiteを使う

Server Side VaporでSQLiteを使う方法をみていきます。

実行環境

  • Vapor Toolbox: 3.1.2
  • Vapor Framework: 2.4.0

サンプルプロジェクトを作成

とりあえずプロジェクトを作ってみます。

$ vapor new Pet --api
$ cd Pet

DBをメモリーからSQLiteに変更する。

vapor newで作られたプロジェクトではデフォルトでDBの向き先がmemoryになっています。
これをSQLite用に書き換えます。
fluent.jsonを更新します。

Pets/Config/fluent.json

driverキーをmemoryからsqliteに変更します。

    "driver": "sqlite"

さらにSQLite用の設定ファイルを作成します。fluent.jsonと同じ階層にsqlite.jsonというファイルを作成します。
pathというキーでsqliteファイルの保存先を指定します。


{
    "path": "./database.sqlite"
}

これでDBの向き先がSQLiteに変わりました。

試してみる

VaporのCLIコマンドを使ってアプリをビルドします。

$ vapor build

デフォルトで設定されているDB用の初期化コマンドオプションprepareを実行します。
その後、アプリケーションを実行します。

$ vapor run prepare
$ vapor run

アプリが立ち上がったらcurlを叩いてみます。
(私はポストマンを使いました)

bodyデータに適切なjsonをPOSTすると登録されます。

 2017-12-01 9.59.22.jpg