AWS
Ubuntu
Swift
ubuntu18.04
Swift4.2

Swift4.2 を AWS の Ubuntu18.04 AMI のインスタンスにインストールしたときのログ

概要

AWS で Ubuntu18.04 の AMI
Ubuntu Server 18.04 LTS (HVM), SSD Volume Type - ami-07ad4b1c3af1ea214

からインスタンスを生成した後
https://swift.org/download/#releases
ここの内容をやればだいたいOK!

手順

1 パッケージマネージャをアップデート

$ sudo apt-get update

2 Swift 本体をダウンロード

$ wget https://swift.org/builds/swift-4.2-release/ubuntu1804/swift-4.2-RELEASE/swift-4.2-RELEASE-ubuntu18.04.tar.gz

3 Signature をダウンロード

$ wget https://swift.org/builds/swift-4.2-release/ubuntu1804/swift-4.2-RELEASE/swift-4.2-RELEASE-ubuntu18.04.tar.gz.sig

4 必要なパッケージをインストール

$ sudo apt-get install clang libicu-dev

5 PGPキーをインポートしてベリファイ

$ wget -q -O - https://swift.org/keys/all-keys.asc |gpg --import -
$ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net --refresh-keys Swift
$ gpg --verify *.sig

6 Swift の tar をバラす

$ tar xf *.gz

7 Swift のパスを追加

$ vi .profile
PATH="$HOME/swift-4.2-RELEASE-ubuntu18.04/usr/bin:$PATH"

8 起動してみると怒られる^^;

$ swift
/home/ubuntu/swift-4.2-RELEASE-ubuntu18.04/usr/bin/lldb: error while loading shared libraries: libpython2.7.so.1.0: cannot open shared object file: No such file or directory

9 libpython2.7 をインストール

$ sudo apt-get install libpython2.7

10 起動できました!

$ swift
  1>

感想

手順4で

sudo apt-get install clang libicu-dev libpython2.7

とやっておけば、手順8、9はいらなそう。