Oculus
VR
OculusGo

Unity と Mac で開発する Oculus Go アプリ #5 コントローラーを表示する

Oculus Go & Unity 初心者が開発するまでのメモ

Oculus Utilities とは

Unityには元々用意されていない、次のようなOculus固有の機能が使えるようになります

  • Oculus標準カメラ
  • ヘッドセット周り
  • コントローラー
  • 位置トラッキング

そのため、Oculus Goや Rift、Gear VR等で開発する場合には、必要なUtilitiesです

Oculus Utilities をプロジェクトに追加する

Oculus Utilities for Unity から ovr_unity_utilities_1.26.zip をダウンロードしてくる


Unityの ver5.1〜 は、Oculus Goもサポートしている

OculusUtilities.unitypackage をダブルクリックしてパッケージのインストールを進める

次のウィンドウが開くので、そのまま import する

進めていくと、古い Oculus Utilities があったらしいので、そのまま YES

Unity の再起動を求められるので Restart

インストールされた!!!

カメラの準備

OVRCameraRig を Hierarchy に追加する

Project にある Assets > Oculus > VR > Prefabs を選択し、 Prefabsにある OVRCameraRig を Hierarchy に移す

Main Camera は消す

今回はOculus GoでのVR開発のため OVRCameraRig を使います、そのため Main Camera は不要です

コントローラーの準備

HandAnchorに TracedRemote をセットする

done

コントローラー表示された

けど、ポインタでないな・・・