Xcode
algorithm
Swift

Exercism.ioでプログラム問題を解こう!

More than 1 year has passed since last update.


Exercismってなに?

30以上のプログラム言語を使って解けるプログラム問題ライブラリです。

手順はいたって簡単で、問題をローカルにダウンロードして、解いてプッシュで提出するだけ、あとは勝手にExersismがプログラムの有無を確認してくれます。

http://exercism.io/


Exercismの良いところ

ローカルのテキストエディタを使ってコードを確認できる。

テストケースごと問題をダウンロードできるので、自分でテストケースを増やしたり、

テストケースから解決策を予測できたりするのがよいところ。

Screen Shot 2017-08-15 at 4.16.31 PM.png


インストール方法

問題を解く方法はいろいろありますが、自分はxCodeを使いたいので、

その方法をシェアします。


1. Exercismをインストールする

ターミナルを開いて以下を実行

$ brew install exercism

*homebrewをインストールしていない人は、まずそれをインストールしてください。https://brew.sh/


2. 使いたい言語を指定する

自分の場合はswiftユーザーなのでswiftを指定しています。

$ exercism fetch swift

これを実行すると、exercism/swift/というフォルダがローカルに作成されます。


3. 作成されたswiftファイルにいく

さらに、デフォルトで ”hello-world”という問題名がインストールされているので、その中まで行きましょう。



$ cd exercism/swift/hello-world



Screen Shot 2017-08-15 at 4.10.49 PM.png


4. xCodeプロジェクトを始める

あとは、以下を書くと、xCodeプロジェクトを開いてプログラミングが始められます。

$ swift package generate-xcodeproj

$ open .

解らなければ公式文献をどうぞ http://exercism.io/how-it-works/newbie


Configure Keyを登録する

問題が正しいかどうか、提出済みかどうかなど確認するためにConfigure Keyをターミナルで設定する必要があります。

サイトでログインしたら、勝手にkeyを生成してくれるので、コピペして、terminalで実行してください。

$ exercism configure --key=<Your Configure Key>


提出するときのコマンド

$ exercism submit filename


 次の問題をインストールするとき

$ exercism exercism fetch swift