Help us understand the problem. What is going on with this article?

Nextcloud 17 ベータ3 がリリースされました

More than 1 year has passed since last update.

Nextcloud の次期メジャーバージョンである Nextcloud 17 の実装機能が凍結され、ベータ版がリリースされておりますが、早くも3つ目のベータ版である Nextcloud 17 Beta3 がリリースされました。

※ダウンロードはここから: Nextcloud 17 beta 3

今後はバグ修正や洗練を重ねて、予定では、2019年9月26日に正式リリース予定となっております。

Nextcloud 17 今後のリリーススケジュール

  • Beta 1: 2019-08-15
  • Beta 2: 2019-08-22
  • Beta 3: 2019-08-29 ← NOW !!
  • Beta 4: 2019-09-05
  • RC 1: 2019-09-12
  • RC 2: 2019-09-19
  • Release: 2019-09-26

Nextcloud 社では、自動テストや動作確認のためのスモークテストは行っているものの、無数の使い方をテストすることを置き換えることはできないとして、引き続きテストの支援を求めています。バグ修正はもちろん、小さな UI 改善、細かい修正などのため多くのみなさまのテスト支援を求めています。

早速ダウンロードしてインストールしてみました。Beta 2 から目立った変化はありませんでしたが、新規ユーザーが追加できない不具合があるようです。
password_policy プラグインでエラーが発生しているようですので、occ app:disable password_policy と本プラグインを無効化すれば登録できるようになります。

(実行例) Webサーバとして Nginx を利用している場合

sudo -u nginx php /var/www/html/nextcloud/occ app:disable password_policy

またアプリについては、グループフォルダ、外部ストレージ連携、ファイルアクセスコントロール、カレンダーなどよく利用されると思われる公式アプリでも引き続き未対応のものが多く、これから少しずつ対応するものが増えてくると思われます。

★参考: Nextcloud 17 ベータ1 がリリースされました

★この記事は、スタイルズ社のNextcloudサイトNextcloudブログにも公開しております!

S_Katz
いろんな技術に興味がありいろいろかじるも薄っぺらい知識多し。限られた記憶容量を有効に使うため、得られた知識は Qiita にスワップアウトしていきたい。一応、AWSのソリューションアーキテクトとSysOpsアドミニストレータ(アソシエイトレベル)を所有、更新中。2020年はさらなる自身のスキルアップを兼ね、もっといっぱい記事書いて、先々は自社内トップの投稿数を目指したい。
stylez
WEB・業務システム、インフラ構築・運用監視まで、幅広い開発実績と経験豊富なエンジニアによる自社開発体制で、スピーディかつ高クオリティのシステム開発を手掛けています。AWSをはじめ各種クラウドやベンダーパートナーとして総合的なITサービスや、独自移行ツールを使ったマイグレーション、サーバーレスなシステム構築、コンテナを利用したDevOpsコンサルティングなどを提供しています。
https://www.stylez.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした