Ruby
Docker
Codenvy
RubyHackChallenge

RubyHackができる環境のつくりかた


はじめに

以前、Ruby Hack Challenge Holiday! #2に参加してきましたー

Ruby自体を改造したり、最新のRubyのコードを試したりするイベントです!

その時のあれこれはこちら

参加時にRuby自体を開発する環境を構築する必要があり、Dockerで環境を構築しました

で、後々考えてみると「Dockerで開発環境作れるんだから、Codenvyでも開発環境作れるんじゃないの?」と思って試してみた記事になります


やったこと


Codenvyにアカウント作成

まず、Codenvyにアクセスしてアカウントを作成します

GitHubGoogleアカウントでアカウントが作成できるのでお好みのほうで作成してください

メールでもアカウントが作成できますので、そちらでもいいかもしれませんね


CodenvyにRuby Hack ChallengeのStackを作成

アカウントを作成出来たら、さっそく環境を作っていきましょう!

まず、「Create Workspace」をクリックします

「+ Add Stack」をクリックして「YES」を選択し、以下を貼り付けます

FROM koichisasada/rhc

あとは、「Name」と「Description」のところにrhcと入力して、「SAVE」をクリックします

これでRuby開発環境のDockerイメージを使用できます!


Ruby Hackできるワークスペースを作成

左のメニューから「Dachboard」をクリックし、「Create Workspace」を選択します

「SELECT STACK」の中に、先ほど作成したrhcがあると思います

それを選択して、CREATEをクリックすればRubyの間髪環境が構築できます!


Rubyのビルド&インストール

では、実際にRubyをビルドしてみましょう!

まずは作業用のディレクトリを作成します

mkdir workdir

その後、workdirへと移動します

cd mkdir

workdir内にRubyのソースコードをcloneします

git clone https://github.com/ruby/ruby.git

clone後、rubyディレクトリへと移動してautoconfを実行します

cd ruby

autoconf

そして、workdir内にbuildディレクトリを作成します

cd ..

mkdir build

buildディレクトリに移動し、Rubyをビルド&インストールを行います

cd build

../ruby/configure --prefix=$PWD/../install --enable-shared
make -j
make install

これで、workdir/install以下に最新のRubyがインストールされました!

あとは、実際にRubyのバージョンを確認してみましょう!

../install/bin/ruby -v

バージョンが表示されていればOKです!


やってみて

「意外と簡単にできてしまった……」という感じですね(Dockerイメージを作っていただいたことに感謝!)

この記事をもとに地域版RubyHackChallengeとかやれそうなので、ちょっとやってみたいなぁ……


参考

One-Click Docker Environments

ko1/rubyhackchallenge