Help us understand the problem. What is going on with this article?

MyFirstRails #9 RefineryCMS の導入

More than 1 year has passed since last update.

Refinery CMS サンプル

概要

Railsにこれから初めて触れる方を対象にしたチュートリアルです
Refinery CMSというRailsで使用できるCMSをインストールするチュートリアルです

なお、実際に作ったものはこちら

チュートリアル

Refinery CMSのテンプレートでひな型を作る

まず、rails newを実行し、ひな型を作成します

rails _5.1.6_ new refinerycms -m https://www.refinerycms.com/t/4.0.0

_5.1.6_は使用するRailsのバージョンを指定しています
Refinery CMSではRalsのバージョンが5.1以上5.2以下である必要があります

なお、最新の5.2.2を使用するとbundle installの段階でgemがインストールできません

サイトのタイトル変更

config/initializers/refinery/core.rb# config.site_name = "Company Name"を修正します

config/initializers/refinery/core.rb
config.site_name = "Refinery CMS"

これでサイトのタイトルがRefinery CMSに変更されています

Refinery CMSの日本語化

Refinery CMSは初期状態では英語表記になっています
これを日本語に変更するにはconfig/initializers/refinery/i18n.rbを以下のように修正します

config/initializers/refinery/i18n.rb
Refinery::I18n.configure do |config|
  config.default_locale = :ja

  config.current_locale = :ja

  config.default_frontend_locale = :ja

  config.frontend_locales = [:ja]

  # config.locales = {:en=>"English", :fr=>"Français", :nl=>"Nederlands", :pt=>"Português", :"pt-BR"=>"Português brasileiro", :da=>"Dansk", :nb=>"Norsk Bokmål", :sl=>"Slovenian", :es=>"Español", :ca=>"Català", :it=>"Italiano", :de=>"Deutsch", :lv=>"Latviski", :ru=>"Русский", :sv=>"Svenska", :pl=>"Polski", :"zh-CN"=>"简体中文", :"zh-TW"=>"繁體中文", :el=>"Ελληνικά", :rs=>"Srpski", :cs=>"Česky", :sk=>"Slovenský", :ja=>"日本語", :bg=>"Български", :hu=>"Hungarian", :uk=>"Українська"}
end

これで日本語表記に変更されています!

Refinery CMSの起動

作成した、refinerycmsに移動し、bundle exec rails sでローカルサーバを起動します

cd refinerycms
bundle exec rails s

これでlocalhost:3000にアクセスするとホーム画面が表示されます

次に、新しいページなどを追加してみましょう
localhost:3000/refineryにアクセスすると初期ユーザーの登録画面にリダイレクトされます

名前やメールアドレスなどを入力後、sign upをクリックしてアカウントを作成します

アカウント作成後、管理画面に移動します

左のメニュー欄から「ページ」をクリックし、「Home」右横の+を選択し、子のページを作成します

タイトルとコンテンツを記入後、「保存」をクリックして変更を保存します

localhost:3000にアクセスするとHome以下に先ほど作成したページが追加されています
このように新しいページを追加していきます!

S_H_
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away