Ubuntu
Checkinstall
ccache

checkinstall, ccacheを用いてUbuntuにソフトウェアをインストールする方法

checkinstall, ccasheを用いて、自前でmakeしなければならないソフトウェアをUbuntuにインストールする方法について紹介します。


利点


  • checkinstallを使ってインストールを行うと、APTのパッケージの1つとして扱われるため、ソフトウェアの管理がしやすくなります。

  • ccacheを使用すると、コンパイル時のデータがキャッシュされるので、2回目以降のコンパイルが高速化されます。


必要なパッケージのインストール



  1. sudo apt install checkinstall ccacheを実行し、必要なパッケージをインストールします。

  2. 以下のように/usr/local/bin/ccache-gccを作成します。

#!/bin/bash

ccache gcc $@


  1. 以下のように/usr/local/bin/ccache-gxxを作成します。

#!/bin/bash

ccache g++ $@



  1. sudo chmod +x /usr/local/bin/ccache-g*コマンドを実行します。


  2. echo "export CC=\"/usr/local/bin/ccache-gcc\"" >> ~/.bashrcを実行し、C言語のコンパイル時にccacheを使用するよう設定します。


  3. echo "export CXX=\"/usr/local/bin/ccache-gxx\"" >> ~/.bashrcを実行し、C++のコンパイル時にccacheを使用するよう設定します。


  4. source ~/.bashrcを実行し、設定を反映させます。


ソフトウェアのインストール


  1. ソフトウェアをダウンロードし、適当なディレクトリに展開します。

  2. 端末を起動し、カレントディレクトリを解凍したディレクトリに移動します。


  3. ./configure CFLAGS="-O3" CXXFLAGS="-O3"を実行します。

    ※エラーになる場合には適宜オプションを外してください。


  4. make -j $(grep -c ^processor /proc/cpuinfo)を実行します。


  5. sudo checkinstallを実行し、ソフトウェアをインストールします。


参考文献