Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu 16.04で英語キーボードを使えるようにする方法

More than 3 years have passed since last update.

Ubuntu 16.04で英語キーボードを使って日本語入力を不自由なく行う方法についてまとめます。

前提

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • iBus
  • mozc
  • 直接入力とかな入力の切り替えをCtrl+Spaceで行う

方法

キーボードレイアウト変更

aptコマンド等のdpkgと競合するプロセスを走らせていない状態で行ってください。
1. sudo dpkg-reconfigure keyboard-configurationコマンドを実行します。
2. 標準102キー(国際)PCを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-25-47.png
3. 英語(US)を選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-25-56.png
4. 英語(US)を選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-02.png
5. キーボード配置のデフォルトを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-06.png
5. コンポーズキーなしを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-10.png
6. いいえを選択しエンターキーを押します。
Screenshot from 2016-11-11 14-26-14.png

Mozcのキー設定変更

  1. Dashホームを開き、settingで検索を行い、システム設定を開きます。
  2. テキスト入力をクリックします。
    システム設定_034.png
  3. 次のソースへ切り替えと前のソースへ切り替えをそれぞれ適当なキーに設定します。
    テキスト入力_037.png
  4. Mozcのツールプロパティをクリックします。
  5. キー設定の編集をクリックします。
    Mozc プロパティ_048.png
  6. 以下のようにキー設定を追加します。
モード 入力キー コマンド
直接入力 Ctrl Space IMEを有効化
入力文字なし Ctrl Space キャンセル後IMEを無効化
  1. ログインし直します。

参考文献

SUZUKI_Masaya
データエンジニア, データアナリスト, エンジニア
mixi
全ての人に心地よいつながりを
http://mixi.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした